FC2ブログ
今日はおやつにチロル・チョコの青梅シリーズを3つ食べました。

5.jpg6.jpg7.jpg

画像ほぼ原寸大。
しかし私のケータイは「アンティーク」と称される機種なので
黒以外の色はかなり白っぽく写ってしまいました。
右端の鳥なんて、ほんとかわそうです。
画像ではエメラルド・グリーンになってしまっています。
実物は黄緑と緑の中間みたいな色で、頭から腹部は黄色。
花札みたいなデザインが素敵だったのに、あぁぁぁぁぁ。

気になる中身のお味とルックスですが

パッケージを開けるとパステル・トーンの
黄緑色(うぐいす色なのかもしれません)チョコが登場。
齧ってみると、真ん中に白くてやわらかい部分があります。
味は、梅スカッュからスカッシュを差し引いたようなお味。

食べるよりも飾っておきたいタイプのチョコでした。
カワイイので、また買います。
|03/10| 食べ物コメント(0)TB(0)
こんな画像を見ていたら

siroku2.gif
 寒いのに『白くま』が食べたくなりました。
 なるほど。
 こういうふうに『白くま』を盛り付けるのも良いかも。



satu911.gif ハート型の葉っぱと、この色は
 サツマイモ。


gata03.gif これは鹿児島の『げたんは』というお菓子だそうです。


以上の画像(=アイコン)は 『アグリステーション鹿児島』 内の
鹿児島フリー素材 http://www.geocities.jp/kurobee55jp/06-soza.html
で見つけました。

なお 『アグリステーション鹿児島』 内には
鹿児島の味 http://www.geocities.jp/kurobee55jp/aji.htm というページがあり
「あくまき」「いこもち」「かるかん」等のレシピが掲載されています。
私の家にはなぜか餅米の粉があるので
食べたことはないけども簡単で美味しそうな「ふな焼き」なるお菓子を
いつの日か作ってみようと思います。
そのうち「かるかん」も。

関連
・アグリステーション鹿児島
http://www.geocities.jp/kurobee55jp/indee.htm
鹿児島の農業や蕎麦、食べ物など読み応えのあるサイトです。
珍しい行事の写真もあり、とても興味をひかれました。
旅心も刺激されます。
|03/08| 食べ物コメント(0)TB(0)
ミミガーチップのミミスターです。
kupingbabi2.jpg

沖縄の食べ物で、豚の耳皮が主原料です。
乾燥させてからいろんなスパイスで味付けがしてあるのかな?
ビールやお酒のおともに、よく合います。
しかし、私はアルコールが体に合わない体質なので
お茶と一緒にコリコリと食べています。おやつ。
喉が渇くけどもやめられない。
10g入りと40g入りがあり、
どこかへプラッと出かけて青空の下でまったりするときは
10g入りを買って、コリコリ食べています。
コラーゲンも含まれているそうですよ。

コラーゲンといえば・・・・・
鶏の頭や足を薄味で煮込んだバリの料理を思い出しました。
あれ、おいしかったなぁ。

たしか前回や前々回にカロリー云々の話をしたような気が。
あれは確か話の内容、しかも音楽に関してでしたが。

えっと
調子に乗って、またHPのバロン・コーナーを更新しました。
http://www.k4.dion.ne.jp/~puspa/barong5.html
年内はもうバロン・コーナーの更新はできないかもなぁ。
|12/09| 食べ物コメント(0)TB(0)
今日某所でいただいたおやつ。
その名は
20060916232833.gif

「なさけ」と読むのか「じょう」と読むのかわかりません。
インパクトが強いパッケージとは異なり
中身は親しみやすい普通の味でした。


これはのちほどいただいたジュース。急に画像が小さくなります、スミマセン。
P251iS015470002.gif


裏返すとこんなかんじ。
P251iS015440001.gif

オレンジ果汁11パーセント入りの炭酸。懐かしい味。
缶にはURLも書かれていました↓
http://www.donga-otsuka.co.kr/
そこへ行ってみたら
韓国バージョンのポカリスエットとともに、いろんなジュースがありました。
どんな味がするんだろう。飲んでみたい。
|09/16| 食べ物コメント(0)TB(0)
昨日のお昼は難波周辺で用事を済ませてから、沖縄物産店内をぶらぶら。
塩せんべい亀の甲せんべい(亀せんべい)をお買い上げ。そのまま堺筋の稽古場へ。

これは亀の甲せんべい
20060716124916.jpg


こちらは塩せんべい
20060716124901.jpg


さて、檜の床の部屋でひとしきりお稽古をしたあと
休憩時間(休憩部屋は別室)は生徒さんたちとともに亀の甲せんべい激食。
亀の甲せんべいの微妙な塩加減と素朴な味に手が止まらず、
「うまー」「ビールにも合うよ」(ビールは飲んでいません)など、
口々に言いながらみんなで一気に完食。
そしてノンストップで塩せんべいへなだれこみ。
「おお、このサクサク感」「こっちのほうが好みかも」「これもビールに合うよ」と言いながら、
みんなでバリバリと食す。

バリ舞踊は優雅なイメージがあるかもしれませんが
練習中は汗ドボドボの体力会系ですのん。
そういう意味ではあらゆるダンスと同じです。
昨日の場合、汗で流れた塩分を補ってくれたのは、
塩せんべいと亀せんべいだったのでしょう。
普段以上においしかったもん。

ちなみに両方ともせんべいですが、主原料は米ではなく小麦粉です。
米原料のおせんべいとは異なり、胃にもたれにくくて◎です。
使用している塩はシママース。

私は、カタチが整っていない亀の甲せんべいを選んで食べていました。
食べ物は、いびつな形のほうがおいしく感じる時ってありませんか?
天婦羅の端っこ、クレープの端がビヨヨンと出た部分とか。

関連
工場見学「塩せんべいのできるまで」
http://www.u-r-u-m-a.co.jp/05oki100/01food/okashi/02.htm
|07/16| 食べ物コメント(2)TB(0)