FC2ブログ
『99歳精神科医の挑戦-好奇心と正義感』秋元波留夫 2005 岩波書店
http://www.iwanami.co.jp/.BOOKS/02/X/0225430.html
(タイトルは失敗ですよねぇ。なんか怖いよん)

著者は、治安維持法や戦時下の弾圧における精神医療、
本土復帰前の沖縄の精神医療、共同作業所設立等に立会った経験等の
証言と洞察を述べています。
戦後動乱期や学生運動に関しても同じく。
そういう意味で
本書は20世紀の日本の精神医療や社会に関する証言書でしょう。

また、秋元氏自身の立ち位置と思考は
時代や社会的思潮の変化に動されず、常にブレがない。
良い意味で頑固なのですが、
4つの時代にわたり
その頑固を貫きとおすのは並大抵のことではないと思います。

本書中の
「現代の摩天楼に象徴される巨大な物質文明の表皮のもとで、
 わたしたち現代人の心は2千年前の聖書が書かれた時代と
 あまり変わることがありません」。
1世紀を経験してきた人のその言葉に、非常な重みを感じました。

なお、息が詰まるような固い話題だけではなく
葦原将軍の新たなエピソードもあり、おもしろかったです。
(大奇人「葦原将軍」のエキセントリックぶりはこちらを参照。
 ほんとオモシロイ人だったんですよ)↓
http://www.adachi.ne.jp/users/yossie/kyouki.htm

まぁ、ふだんの生活には
日本の精神医療の歴史なんて、まず関係がないですよね?
社会的に注目されているトピックでもないし。
それなのに、そういう「関係のない本」を
ジャンル関係なく敢えて読むのが私の傾向です。
大げさに言うと、氷山の下に隠れている90%をチラ見したいのかな。
加えて、自分の視点が変わったり、
本筋以外にもグッと来るものがあったりするから
「関係のない本」を読むのがやめられません。

「続きを読む」に秋元氏の経歴を簡単に挙げておきました。
スポンサーサイト



|05/09| コメント(0)TB(0)
- ノエルはまた、ハゲることを恐れているとも話している。
「マンチェスターの人間にとっては恐怖だよ。
俺らの街は髪の毛で成り立ってるからな」
そして、あまり聞いたことのない“縁起かつぎ”について
 教えてくれた。
「小人の首をなでると幸運が舞い込んで来るんだとさ」-
http://www.barks.jp/news/?id=1000022719&m=all
アハハ。何言ってんだか。
この人の話やっぱり面白い。とくに音楽に関係のない話が。

前言訂正。音楽に関係のある話でも面白い時があります。
以前どこかで
「自分で書いた歌詞の意味がわからない」と言っていました。

さておき
「街が髪の毛で成り立っている」「小人の首をなでる」って
メルヘンですか?(笑)
|05/09| 音楽コメント(0)TB(0)