FC2ブログ
Cheval.jpg

シュヴァルの理想宮の一部です。
クリックしてから最大画面にすると、もう少し見やすいかも。

最初は写真で知りました。
東南アジアか南アジアの建物だろうと思っていました。
ところが「フランス」と聞いて「!?」。
フランスの郵便配達夫のシュヴァルという人が
道中でいろんなものを拾ったり集めたりして
何年もかかって独力で作り上げたのだそうです。

写真を見せられて数年後、
私は岡谷公二氏のハードカバー
郵便配達夫シュヴァルの理想宮』を読んで
シュヴァルの熱意を知りました。
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4309474187/
(↑これは文庫です)
石につまづいたことがきっかけで、この建物ができていく。

シュールレアリストのアンドレ・ブルトンは
シュヴァルの理想宮を絶賛していたらしいです。
ブルトン先生はバリ舞踊もお気に入りでした。

関連
シュバルの理想宮内部の写真等(フランス語) 
http://www.ac-grenoble.fr/isle/facteurcheval0.htm
こちらはサムネイルをクリックすると
 大きな画像でいろいろと見れます。

http://www.francerama.com/escapades/ferdinand_cheval/fr/index.htm
公式WEB
http://www.facteurcheval.com/
「シュヴァルの理想宮」(日本語)
 シュヴァルの人物と理想宮を紹介するページ
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nozomi/tabisaki/Hauterives/top.htm
スポンサーサイト



|06/15| 建築コメント(2)TB(0)