FC2ブログ
<注意:怖いかも!>
(↑赤字部分8月9日追記)

バリに長く滞在すると、不思議な出来事に遭遇することもありました。
数年前のちょうど今頃。
下宿先の兄ちゃんと一緒に遠出をし、
夜市で食事を済ませて駐車場へ向かおうとすると
全身をボロボロのバティック数枚で覆った老人がこちらへ向かってきました。
そしてインドネシア語で「今日の予定はもう終わったんですか?」と私へ尋ねました。

知らない人だったのですが
「はい、もう終わりました。今から帰ります」と私が答えると
隣にいた下宿先の兄ちゃんへバリ語で
「今日の予定はもう終わったんですか?」と同じことを尋ねます。
兄ちゃんがバリ語の丁寧語で「もう終わりました」と答えると
老人は再び私へ
「今日の予定はもう終わったんですか?」と尋ねました。

私は「老人だから耳が遠いのかなぁ」と思いました。
そして「はい終わりました」と答えようとすると
兄ちゃんは突然私の手を取って走り出したのです。
走りながら
「なんで走るの?じいちゃん可哀想」と言うと
「あとで説明するからとにかく走れ。逃げるんだ。後ろは見るな」

車中での会話
  私「どうして見ちゃいけないの?私見たよ」
  兄ちゃん「おまえは・・・・」
  私「あの人すぐにいなくなったよ。可哀想に。老人がこんな夜遅くに」
  兄ちゃん「とにかく急いで帰る。お前はネガティブじゃないよな?」
  私「急にどうしたん?私は毎日笑ってるし」
  兄ちゃん「お前には目的があるよな?
      明日は朝から厳しい○○女史に稽古してもらうよな?でも楽しいよな」
  私「どないしたん?」
  兄ちゃん「毎日楽しいだろ?そう言え。楽しいと言え」
  私「(ワケわからん)こういう兄ちゃんもいるし、おもしろいよ。
    このあいだは油断してたら○○女史に蹴り入れられた、アハハ」
  兄ちゃん「だから楽しいよな、ワハハ」
  私「(ますますワケわからんので)ワハハ」
家に着くまで、そんな調子の会話が続きました。

そして家に着くなり兄ちゃんは真剣な顔で
「母ちゃんの部屋の祭壇で祈って聖水を貰え」と私へ命令しました。
その様子にただならぬものを感じ
素直に従ってお祈りをしようとすると
母ちゃん&兄ちゃんがバリの丁寧語で私の名前を織り交ぜながら
祭壇の神様へ何かを真剣に伝え始めました。
続いて、お祈りをすませた後、兄ちゃんが出来事を説明してくれました。

いわく

その老人の鼻の下に溝が全くなく
顔が黒いのに向こうが透けて見える感じがしたとのこと。
鼻の下に筋がない人はバリでガマン/Gamangと呼ばれる
幽霊やアチラの世界の住人。
さっきは「今日の予定はもう終わったのですか?」と3回話しかけて
アチラ側の世界へ誘おうとしていたそうです。
兄ちゃんが私へ「楽しいと言え」と強要したのは、
この世を楽しんでいる私をあの世へ奪う必要がないこと
及び私を追う必要がないことを老人(ガマン)へ知らせるため、
そして兄ちゃん自身の恐怖感を払拭するためだったそう。

ガマンに関する話は、以前耳にしたことがありました。
この世の人間をアチラ側へ誘惑したり、
人間の身体に入りこむのが目的なのだそうです。
特徴は同じ内容で3回話しかけてくることと、鼻の下に溝がないこと。

私も短い会話を交わした時に老人の顔を見ました。
しかし私は目が悪いうえに夜だったので、
鼻の下の溝まで確認できなかったし
顔が透けていたのもわかりませんでした。
恐怖感もまったく無く、
今も本当にその老人がガマンだったのか私にはわかりません。

その翌日、別の村に住む伝統医に会うと
「おまえ昨日は本当に危なかったな」と言われました。
私はその伝統医へ何も言っていなかったのに、
彼は私を一目見るなり、何かがあったとわかったそうです。

いっぽう下宿の村では、兄ちゃんが村の人へ話していたらしく
「ガマンにインタビュー(笑)されたんだって?」
「怖くなかったの?」
と、いろんな人から話をせがまれ、同じ話を何回も繰り返しました。

不思議だったのは
老人と会った時にとてもきれいな音楽が流れていたことです。
いつまでも聴き続けていたくなるような音楽でした。
兄ちゃんへ
「とても素晴らしい音楽が流れていたよね?」と尋ねたら
「音楽なんか何も聴こえなかったし、誰も演奏していなかった。
 お前だけが聴いたんだろう。やっぱりお前が狙われていたんだ」

私は「後ろを見るな」と言われる前に何度か後ろを見たし
ガマンと老人の特徴を挙げられてもわからなかった。
おまけに素晴らしい音楽に耳を奪われていたし・・・・。
そんなアホの子状態だった私は
兄ちゃんの恐怖感と責任感によって助けられたのでしょう。平伏感謝。
|08/06| バリコメント(3)TB(0)
気になっていることをピックアップ。

・P・グリーナウェイがJ・ケージら4人の前衛音楽家を追った映像作品がDVD化!
(CDジャーナル)
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=12409
「ジョン・ケージ/ロバート・アシュリー」「フィリップ・グラス/メレディス・モンク」の2タイトル。
9月30日に発売とのこと。

・DVD リッスン
前に見たことがあります。おもしろかったです。
DVDで出ているのは知りませんでした。買っちゃお。
私のグダグダな文章よりも、CDジャーナルさんの内容紹介を。
  「音の本質、聴覚の潜在能力をたどる音楽探究ドキュメンタリー。
   作曲家や音楽学家、音楽理論家の取材を通し、聴くことの美学を究めていく。
  ウサギが寝るときにたてる音など、聴覚の能力を刺激する物音や音楽を満載する。」

http://www.cdjournal.com/main/dvd/disc.php?dno=4206030174より引用。
出演:ジョン・ケージ、ルチアーノ・ベリオ、イアニス・クセナキス、ミシェル・ファーノ、ペドロ・バカン、ナッド・ヴィクター(サウンド・ペインター)他。詳細はUp Link↓
http://www.uplink.co.jp/cgi-bin/shop.cgi?action=detail&cat_key=new&id=859

・CD An Anthology of Noise & Electronic Music/First A-Chronology Volume 1 (Anthology of Noise & Electronic Music)
20060804133442.jpg
VAです。Luigi Russolo、John Cale、Einsturzende Neubauten、Nam June Paik、Sonic Youth、Iannis Xenakis、John Cage、大友良英etcてんこもり。ミリョク。試聴(あんまし意味ないかも)は
http://www.amazon.com/gp/product/B00006JM7S/ref=cm_lm_fullview_prod_23/103-9777247-5088618?%5Fencoding=UTF8&v=glance&n=5174

・クリスティーナ・アギレラの新譜
20060804134313.jpg
先行シングルを聴いて「やっぱり良いな」と思いました。スミマセン。
http://www.bmgjapan.com/christinaaguilera/

・心斎橋タワレコ閉店
今月いっぱいで閉店だそうです。アメ村はよほどの用事がない限り行きませんが、
かつてはよく通いました。
当時はルー・ハリソンとか実験音楽モノも充実していました。お世話になりました、ありがとう。http://www.towerrecords.jp/store/store19.html

・ダンス白州2006
魅力的な演目と舞台、ダンサーの数々。。。。
近ければ行きたかったのですが遠すぎと多忙で断念。
最寄の方は是非。
http://www.artcamp.org/top_ja.html

・アパートメントハウス1776 アルディッティSQ+ケージ+白井剛
おもしろそうなんですよ。以下「Fuji-tv ART NET」より引用。
「オーケストラ作品<アパートメントハウス1776>は、1976年にアメリカ合衆国の建国200年を記念して、いくつかのオーケストラが合同でケージに委嘱した作品。アルディッティの「44のハーモニー」CDの解説よれば「ケージはこの作品で18世紀のアメリカの音楽の『ミュージックサーカス』(musicircus)を目指したといいます。このサーカスのためにケージが創った素材は、ダンスから14の音色、ベンジャミン・クラークが作曲したマーチから4つのドラムソロ、モラヴィア教の教会のメロディ2種、それと44のハーモニー。これらの大部分が、四重奏とソロで演奏される」といいます。
 そして、1999年にアルディッティSQのメンバー、アーヴィン・アルディッティが編曲し、「44のハーモニー」として発表。今回はそれをさらにダンスヴァージョンに構成しなおして日本初演するのです。」

しかし大阪近辺では見れません。断念。日程詳細等はこちら
http://www.fujitv.co.jp/event/art-net/clsc_01concert/269.html

・来店日記「イアン・マッケイ様」
http://www.airs-online.com/data/backstage/visitor/ian_mackaye050915.html
・来店日記「ヤーヤーヤーズ様」
http://www.airs-online.com/data/backstage/visitor/yeahyeahyeahs060802.html
AIRSさんの「チャド・スミス様来店」を見ていて、見つけました。

・本『日本の電子音楽 著/川崎弘ニ(協力/大谷能生) 愛育社』
20060804144148.jpg
以前、田中雄二氏の名著『電子音楽イン・ジャパン』をむさぶりつくように読みました。前半のMoogに関する話や、NHKや実験音楽家たちがシンセサイザーを取り入れていく過程(富田勲氏と税関のやりとりは悲しくもおかしかった)、そして後半はYMO等の活動(当時の歌謡界との結びつきや、その後の発展がすごくおもしろかったです)等々。『電子音楽イン~』は必読書ですが、その『電子音楽イン~』を熟読・愛読した人におすすめの本が『日本の電子音楽』だそうです。読みたい!読みたい!!
詳細はこちらのdiscunionさんで
http://www.diskunion.co.jp/rock/news.php?news_id=8&page=1&yyyymm=2006-08#3657
『電子音楽イン~』の田中さんによる『日本の電子音楽』の書評
http://d.hatena.ne.jp/snakefinger/20060729/p1

・アジアフォーカス 福岡映画祭2006
http://www.focus-on-asia.com/j/index.html
ミリョクの作品群・・・。あぁぁ観たいなぁ。
「Gie(2005年インドネシア)」とか、いろいろと。

最近は長文ばかりですみません。ただでさえ暑いのに・・・・。
近日中に短文へ戻します
|08/04| 未分類コメント(3)TB(0)
このblogを始めて間もない頃に
『猫とか OK Go!とか』(3月27日)という記事を書きました。
http://desakalapatra.blog50.fc2.com/blog-entry-6.html

その後しばらくOK Goを忘れていたのですが(すみま千円)
大正おかん座さんの記事
『OK Go のPVがアナログですこぐがんばっている件について』http://fugazo.blog4.fc2.com/blog-entry-759.html
を見てOK Go熱が再燃。
深夜にOK Go主催You Tubeダンス・コンテストを観て
腹を抱えて笑っていました。おかげで寝不足。

これは3月27日にも触れたOK GoA Million Ways

とにかくおかしいです。
振り付け(表情も含む)、
画面からのはみだし具合(エンディングでアレはないと思いますが、そこがまたおもしろい)、
メガネで頭がツルッとしたトップ・ダンサーも最高。
(↑彼はベース担当。PVでは歌いながら踊っているようです)
何回も繰り返して観ました。

ちなみにどこか読んだ記憶なのですが、
A Million WaysのPVは制作費が10ドル以下。
カメラはメンバーの友人から借り、
所属レーベルの承認を得ずに公開したそうです。
また、MTV MewsによるとA Million Ways
 「公開してから500.000回以上(2005年夏の段階)のダウンロード。
  ダミアン(長身のVo,G)の姉Trish Sie(社交ダンスの元プロ)が振り付け。家で練習。一発撮り」
http://www.mtv.com/news/articles/1508448/20050826/ok_go.jhtml?headlines=true

そこで止まらないOK Go。
7月後半にエントリーを締め切ったようですが
The OK Go Dances With You(Tube) Contest
なるものが催されていました。

業界の一部から目の敵のようにされているYou Tubeと協賛。
数本はExplore More Videosに何本か挙がっているようです。
路上で踊っているのと、
意味不明マットレス人形が後ろで好き勝手にやっているのが
おもしろかったです。

そしてOK Goの公式内にあるPing Pong Instructional Video
pong.gif
http://www.okgo.net/video.asp
↑内の一番下。これは必見。
英語わかんなくても爆笑。ユルユル~

さらに新作PV Here It Goes Again

またやってくれています。爆笑。

過去には有名どころとも数曲のPVを撮っていたと思うのですが
絶対、狙ってると思います。
というか、そっちのほうも才能ありすぎ。

実際の音はパワー・ポップ系なのかなぁ。
1stと2ndアルバムでは少し雰囲気が違うけども
チープ・トリック、ピクシーズ、カーズあたりが好きな人にオススメ。私は好きです。

曲もいいし、どんどん広まっていくといいなぁ。

関連
・OK Go(公式)
http://www.okgo.net/news.aspx
・OK Go(メンバーによるBlog)
http://thewilltorock.blogspot.com/
・OK Go(My Space, 公式)
http://www.myspace.com/okgo
・OK Go @ The Mercury Lounge,NewYork (6th Feb '04) Smashing Magよりhttp://smashingmag.com/tour/04tr/040206okgo_ryota2.html
 ステージ上でもキメてます
・Bounce内インタビュー(日本語)
http://www.bounce.com/interview/article.php/2081/
|08/03| 音楽コメント(2)TB(0)
タワレコのポイントが貯まっていたので『12"/'80s』と交換しました。
リリースされた時から気になっていたのに、ダラダラしていたら時間が経ってしまいました。
20060802172344.jpg

トラック・リスト等関連はこちらをどうぞ。
http://www.excite.co.jp/music/product/ASIN_B0006OR0TO/
Fun Boy ThreeがカバーしたOur lips Are Sealed(12インチVersion)が昔から大好きで、
それを聴くためだけに入手したようなものです。
普通のシングルVersionよりも、絶対に12インチVersionのほうがいいです。

これはYou Tubeで見つけたFun Boy ThreeOur Lips Are Sealed
普通のシングルVersion。観れるだけでうれしいからモンク言いませ~ん。



こちらはオリジナル。The Go-Go'sOur Lips Are Sealed



上の2つを見て再生しようとは思いませんよね。
すみません、貼り付けがへたっぴで。

さて

The Go-Go'sといえばボーカルのべリンダ・カーライル
べリンダ・カーライルといえばLAパンクのThe Germs
The Germsといえば数年前に翻訳出版された
『LEXICON DEVIL LAパンクの歴史/ジャームスの栄光と伝説』
20060802181330.jpg
http://www.pgs.ne.jp/asp/catalog/fashion.asp?whatID=39448
私は店頭で求め、シリアル・ナンバーは3000台だったかな?
キツイ内容の本でした(泣)。一言で感想は言えません。


こちらはその本のオリジナル。
『Lexicon Devil: The Fast Times and Short Life of Darby Crash and the Germs』
http://www.austinchronicle.com/gyrobase/Issue/review?oid=oid%3A93942
20060802184120.jpg


そして上記の本がPVに登場。RHCP(レッチリ)By The Way
タクシーを呼び止めるアンソニーの手に注意。
タクシー・ドライバーのめちゃくちゃぶりがおかしい。


続いてRHCPUniversally Speaking
あぁ見えてもタクシーのドライバーさんはイイ人で
(相変わらずおもしろい人なのですが)
アンソニーが忘れた本を届けに行きます。最後に本が登場。


Universally Speakingはスレインでのライブもいいですよねぇ。


今日はわりとポップな風味でまとめてみました。
マニアックな曲やバンドだけじゃなく、
甘めのポップな曲も好きなんです。
あ、テリー・ホール(ex.The Specials, Fun Boy Three)つながりでゴリラズもおもしろいです。
|08/02| 音楽コメント(4)TB(0)
インドネシアは雨季でもこんなに暑くないです。

マーズ・ヴォルタ関連ですが
Hot Wireの2006-08-01付記事
『Mars Volta のニューリリース発』に
 「今秋に予定されている彼らの日本公演をお見逃しなく!」
とありました。
http://www.hotwirejapan.com/
ほんと?
|08/01| 音楽コメント(2)TB(0)
マーズ・ヴォルタからジョン・セオドアが脱退・・・。
29日に知った時はデマだと思っていました。
しかし今日(31日)事実だと知りました。

思い返せば28日はMステに出演したレッチリを観て喜び
バリのレッチリ・ファンの友人へ
「オホホホホ。テレビに生出演よ。うらやましいでしょ」
と生意気なメールを送ったりしてました。
B坊さんちにも遊びにいったし。

その後、FM802の伊藤政則の番組を聴きながら用事を片付けていました。
例によって、せーそくはマーズ・ヴォルタについてアツく語っていましたが
ジョン・セオドアの脱退については何も言っていなかった。
そして番組の最後にThe Mars Voltaの新譜からViscera Eyesをかけてくれました。
次にランキン・タクシーさんの番組でスカやレゲエを聴いて
寝たわけですが・・・・。
この時点で29日早朝だったのですが
せーそくも知らなかったのでしょうか。

ジョン・セオドアの壮絶なプレイが脳裏に焼きついています。
いろんなドラマーが好きですが、彼のプレイにも衝撃を受けました。
ジョン・セオドアのいないマーズ・ヴォルタの音が
今はまだ想像できません。

関連
・The Mars Volta
http://www.themarsvolta.com/
・The Mars Volta (My Space)
http://www.myspace.com/themarsvolta
・ユニバーサル公式
http://www.universal-music.co.jp/u-pop/artist/mars_volta/disco.html
ジョン・セオドア脱退についてはまだ触れていません。
新譜『アンピュテクチャー』は2006/08/30 日本先行発売予定

余談ですが・・・
宇多田ヒカルのアルバム『EXODUS』に
ジョン・セオドアが参加している曲もあります。
http://www.bounce.com/interview/article.php/1545/ALL/
そのことを知った時はビックリしたのですが、
宇多田さんはマーズ・ヴォルタも聴いているみたいなんです。
「いつか宇多田さんファンが
 マーズ・ヴォルタにも関心を示して聴いてくれるとうれしいな~」
「ジョン・セオドアのプレイに興味を持ってくれたなら・・・」
なんて個人的に思っています。
しかしあまりにも個性や雰囲気が違うから・・・・・どうだろう。

辛いなぁ・・・。ショック。
|08/01| 音楽コメント(0)TB(0)
日付は変わってしまいましたが今日(31日)、
難波や新大阪でフジ帰りの人たちを何組か見かけました。
疲労感と満足感が全身から溢れている人って珍しいじゃないですか。
そこで何気に手首を確認してみたらフジのリストバンドが。
参加組のみなさん、本当にお疲れさまでした。

『こちらワーナー洋楽宣伝部』
レッチリ@フジ7/29(土)のセットリストが挙がっていました。
http://noizetv.exblog.jp/tags/RED+HOT+CHILI+PEPPERS/

RED HOT CHILI PEPPERS setlist from 2006/7/29 FUJI ROCK Festival
・CAN'T STOP
・DANI CALIFORNIA
・SCAR TISSUE
・CHARLIE
・FORTUNE FADED
・READY MADE
・THROW AWAY YOUR TELEVISION
・SNOW
・ME AND MY FRIENDS
・WET SAND
・RIGHT ON TIME
・HOW DEEP IS YOUR LOVE (John solo)
・DON'T FORGET ME
・TELL ME BABY
・CALIFORNICATION
・BY THE WAY
 *******************
・GIVE IT AWAY

あ~、うらやましすぎ。
|08/01| 音楽コメント(0)TB(0)