FC2ブログ
タワレコのポイントが貯まっていたので『12"/'80s』と交換しました。
リリースされた時から気になっていたのに、ダラダラしていたら時間が経ってしまいました。
20060802172344.jpg

トラック・リスト等関連はこちらをどうぞ。
http://www.excite.co.jp/music/product/ASIN_B0006OR0TO/
Fun Boy ThreeがカバーしたOur lips Are Sealed(12インチVersion)が昔から大好きで、
それを聴くためだけに入手したようなものです。
普通のシングルVersionよりも、絶対に12インチVersionのほうがいいです。

これはYou Tubeで見つけたFun Boy ThreeOur Lips Are Sealed
普通のシングルVersion。観れるだけでうれしいからモンク言いませ~ん。



こちらはオリジナル。The Go-Go'sOur Lips Are Sealed



上の2つを見て再生しようとは思いませんよね。
すみません、貼り付けがへたっぴで。

さて

The Go-Go'sといえばボーカルのべリンダ・カーライル
べリンダ・カーライルといえばLAパンクのThe Germs
The Germsといえば数年前に翻訳出版された
『LEXICON DEVIL LAパンクの歴史/ジャームスの栄光と伝説』
20060802181330.jpg
http://www.pgs.ne.jp/asp/catalog/fashion.asp?whatID=39448
私は店頭で求め、シリアル・ナンバーは3000台だったかな?
キツイ内容の本でした(泣)。一言で感想は言えません。


こちらはその本のオリジナル。
『Lexicon Devil: The Fast Times and Short Life of Darby Crash and the Germs』
http://www.austinchronicle.com/gyrobase/Issue/review?oid=oid%3A93942
20060802184120.jpg


そして上記の本がPVに登場。RHCP(レッチリ)By The Way
タクシーを呼び止めるアンソニーの手に注意。
タクシー・ドライバーのめちゃくちゃぶりがおかしい。


続いてRHCPUniversally Speaking
あぁ見えてもタクシーのドライバーさんはイイ人で
(相変わらずおもしろい人なのですが)
アンソニーが忘れた本を届けに行きます。最後に本が登場。


Universally Speakingはスレインでのライブもいいですよねぇ。


今日はわりとポップな風味でまとめてみました。
マニアックな曲やバンドだけじゃなく、
甘めのポップな曲も好きなんです。
あ、テリー・ホール(ex.The Specials, Fun Boy Three)つながりでゴリラズもおもしろいです。
スポンサーサイト



|08/02| 音楽コメント(4)TB(0)