FC2ブログ
今日、スカパーを観ていたら
ジョン・ケールJohn CaleがハレルヤHallelujahを唄っていました。
正しくはレーナード・コーエンLeonard Cohenのオリジナルなので
ジョン・ケールのバージョンはカバーということになります。

ジョン・ケールのバージョンは
ジョン・フルシアンテの錯乱時代を
ジョニー・デップが撮影したビデオのエンドクレジットや、
バスキアの映画で使われています。

今日のジョン・ケールは弦楽カルテットを従え
自身はピアノを弾きながら唄うという編成。
素晴らしかった。目も耳も釘付け。
最初は私はテレビから数メートル離れたところにいたのですが
あまりの素晴らしさにジワジワと迫っていたらしく、
曲が終わったときにはテレビとの距離が1メートルあったかなかったか。

そこで
「やっぱハレルヤはエエのう」とチラチラ調べてみたらありました。
すごいBlogが。

レーナード・コーエンのハレルヤが聴け
それをカバーしている人たちのバージョンもMP3で聴けるBlog、
My Old Kentucky BlogさんのHallelujah特集
http://myoldkyhome.blogspot.com/2006/05/hallelujah.html
英文。その数30あまり。
管理人さんに頭が下がります。
(↑訂正。管理人さんのおともだちのクララさんが
リストをワケワケしてくれたそうです。
クララさんと管理人さんに頭が下がります)

ジョン・ケールのバージョン(サントラ)も聴けます。
どこから聞きつけたのか
「○○○のカバーが載っていない」という書き込みもあります。
ある意味、一種のデータベースと化しています。
ちなみに管理人さんはあくまでも紹介という立場をとっておられるので
聴いてみて「わっ、いいな」と思ったら
お店へ行ってCDを購入するなり、
正規サイトでダウンロードするなりしましょう。

リストを見ていたら当然といえば当然なのですが
ジェフ・バックリィJeff Buckley がカバーしたハレルヤも
載っているじゃないですか。
しっかり聴いてしまいましたよ。
アルバム持ってんのに、
こういうところで見つけたらわざわざクリックして聴いてしまうんですよね。

そしてお決まりのYou Tubeへ行って映像も観てしまうと。
いつもの定番コース。

Jeff Buckley - live on canal - Hallelujah



寄り道癖はオトナになると歯止めがきかん。
さらに

Jeff Buckley - Grace (Live on MTV)



ハレルヤの歌詞はいろんなバージョンがあり
ジェフ・バックリィは基本的にジョン・ケールのバージョンに従っていたそうです。

そのジョン・ケールはレーナード・コーエンに
「ハレルヤを唄ってもいい?」とお願いしたら
床に散らばるくらい大量のFAXで
大量のVerseが本人から送られてきたとのこと。

レーナード・コーエン自身も止まらないんだろーな。
ライブ盤だと歌詞が違うそうです。

関連
・レーナード・コーエンの公式(音が出ます)
http://www.leonardcohen.com/DearHeather/
・バスキア(サントラ)
http://www.excite.co.jp/music/product/ASIN_B0000565OF/
スポンサーサイト



|09/10| 音楽コメント(2)TB(0)