FC2ブログ
最近というか、たぶん今年に入ってから
音楽関係のニュース・サイトはほとんど見てみませんでした。
そこでさきほど「こんなことじゃイカンな」と、2~3のニュース・サイトを見てみました。
その中でbounce.comのニュースのトップに「Vヘイレン、ロス迎えて復活」とありました。

「ロスって誰?」「Vへイレンって誰?」そんな程度しか思わなかったです。はい。
まさかロスが先月28日・30日・今月4日にとりあげた
デイヴ・リー・ロスを指しているとは思いませんでした。
VヘイレンもVan Halenだとはわかりませんでした。

「ヒップホップかR&Bかなー」と思っていたんです。ダイアナ・ロスもロスだから。
それでポチッとやってみたら
「VAN HALENが初代ヴォーカルのDAVID LEE ROTHを迎えて再結成」
(2007-02-04 掲載)
http://www.bounce.com/news/daily.php/9732/headlineclick
ビック~ラしました。

私が「デイヴおもしろいー、きゃー」とblogで喜んでいる間に
ひそやかに話が進行していたんでしょうか。
当然、私は何も知らなかったですよ。
しかし、なんかよくわかんないけど、良かったじゃん。
ブルー・グラスでJumpを唄っていたデイヴ、
いまいち華がなくてさみしそーだった。明るいんだけどさ。

David Lee Roth Performing Jump - Bluegrass Style

この映像を初めて観たとき、あまりの変貌ぶりに唖然としました。
しかし面影はあります。
声も聴いたら紛れもなくデイヴ・リー・ロス本人でした。

DAVE0001.jpg ←こちら
 若かりし頃のデイヴ。
 (Dave Lee Roth公式サイトより転載)


dlr.jpg ←最近のデイヴ。


この変わりっぷりもエンターテナーの証明です(笑)。

関連
・The Official Website of Diamond David Lee Roth
  http://www.davidleeroth.com/
・Van Halen公式サイトhttp://www.van-halen.com/
スポンサーサイト



|02/04| 音楽コメント(0)TB(0)
『デイヴ・リー・ロスのエンターテナーぶりを知るミニミニシリーズその2』ではないのですが
今日はまずデイヴ・リー・ロスによる
ビーチボーイズのCalifornia Girlsのカバーから。

David Lee Roth - California Girls (Music Video)

ツアコンに扮したデイヴが世界各国の金持ちお客さんをご案内。
・・・・・のはずなんですが、よくわからないです。
というのもデイヴは基本ツアコンなんですが
衣装やシチュエーションがコロコロ変わるんですね。
ツアコン以外のときは、ほとんど水着のおねーちゃんを伴っています。
以前とりあげたOh Pretty Womanのテーマは
「出演者でやってみたいシチュエーションと変装」でしたが
California Girlsはそれのデイヴ・バージョンというところでしょうか?
相変わらずおバカでおかしいPVです。
Just a gigolo ~I ain't got nobodyと同じく、
ディレクターはデイヴ本人とPete Angelus。


さて、以前
Panasonicのサイトのresfestかres magazine関係の記事を読んでいたら
  「Aphex TwinsのPV 『Windowlicker』の後半を撮影した場所は
   ヴェニス・ビーチVenis Beachで
   デイヴ・リー・ロスのCalifornia Girlsを撮影した場所と同じ」
という旨が書かれてありました。
今、その記事はネット上に存在しないようですが
あれは驚きました。同じ撮影場所とは思えなかったから。


これがAphex TwinsWindowlicker
Aphex Twin - Windowlicker (1997)

ディレクターはクリス・カニンガムCHRIS CUNNINGHAM。素晴らしいPVです。
冒頭の交渉や口論の雰囲気と陽の光、男性の髭のシルエットからして、
不気味さや気持ち悪さがプンプン。
熱帯や南国の昼間の自然は見た目フツーでも
ゾーッとするようないやな雰囲気を漂わせている時がありますが、
ああいう感じ。
続いて、あり得ない長さのキャデラックが登場するあたりから、
ますます不気味さが増します。
そしてエロかつR指定な雰囲気のシーンやダンスやらが展開されるのですが・・・・。
心理的にゾーッとします。怖いです。
6分あたりから撮影場所がCalifornia Girlsと同じヴェニス・ビーチとなります。

Windowlickerを観たあとにもう1度California Girlsを観るとホッとします。
視覚的には同じ場所だとわかりますが
気分的には同じ撮影場所とは思えません。
|02/04| 音楽コメント(0)TB(0)