FC2ブログ
またまたエオリアン・ハープです。

ダリ・プロジェクト(カルマンソ城の音)がおもしろかったので
ネットで調べてみたら
Ciel Libre(Free Sky)というサイトを発見。
エオリアン・ハープだけではなく
風で鳴るほかの楽器や凧も載せておられますが
まずは
Aeolian Laboratory
http://perso.nnx.com/dferment/lab/lab.html というコーナー。
ドブロギターみたいな形をしたエオリアン・ハープや
長ーいエオリアン・ハープに始まり
いろんな形のエオリアン・ハープが紹介されています。
それらのエオリアン・ハープはご自分たちで作られているそう。
さまざまな形がそれぞれとても独創的でユニーク。
写真や音のサンプルも載せられているのもうれしいです。
どれも聴き続けたくなるような音ばかり。

Aeolian Laboratoryを見つけた時
「おおー、これだ。これ!!」と
両足の裏・両手を叩きながら猿のようにキャッキャッと喜びました。
こんなサイトを作ってくれて、ありがとうー。

あまりにも嬉しかったので
Ciel Libre(Free Sky)さんの他のコンテンツを覗いてみたら
凧や筒に風が入るとぶおーと鳴る楽器など
風関係のものがいっぱいありました。
たくさんありすぎて1日や短時間では見れません。
至福でございます。

実は一昨日、odd musicgalleryで初めてエオリアン・ハープを聴いた時に
「ぬ、これはバリの凧あげの音に似ている」と思いました。
バリで凧があがっていると
上空の高いところから、ああいう感じの音が聞こえてくるんです。

バリの人やCiel Libre(Free Sky)さんちも含め
世界中のいろんな人が風に興味を持っているうちに
「風で音が鳴る」「風で凧が飛ぶ」と気づいたのでしょう。

風に関心を持って、
風を利用したいろんなものを作る人たちもおもしろいし
作られたものもおもしろい。
たたずまいもいいし。

と、緑も自然も少ない
大阪に住んでいる町の子は思うのでした。
ビルの谷間に吹くビル風を利用して鳴らすのも一案ですが
なぜかそれはいまいちピンと来ません。

関連
Ciel Libre(Free Sky) (英語、フランス語)
http://perso.nnx.com/dferment/summary.htm
スポンサーサイト



|02/27| 音楽コメント(2)TB(0)