FC2ブログ
美しい原田産業大阪本社ビルの前で1人
「すごいよ」と騒いだあと、脱兎のごとくベルリンブックスをめざしました。
ベルリンブックスが入っているのは
現在『大阪農林会館』と呼ばれる、昭和5年(1930年)に建てられたビル。
当時は三菱商事大阪支店の建物だったそう。

農林会館を斜めから撮影。
200706231302001.jpg
日差しが強すぎて、農林会館の趣がわかりづらい・・・・。


農林会館の階段。
200706231304000.jpg
こうやって見ると『く』の字型に見えます。
手すりは木製。手すりの下の丸い意匠が凝っています。
ベルリンブックスは2階。2階だからいつも階段を使用。


階段途中、『く』の折れ曲がった部分。木製。
200706231312000.jpg
これを専門用語で何と呼ぶのか知りません。彫刻模様は渦巻きと植物?
こういう古い建物は、ビルといえども
階段など内部のあしらいに木を使用しているのがおもしろいし、
独特の品と暖かみを醸し出していると思います。


2階に到着。
200706231311000.jpg
マルタンマンジェラのショップも入っていますが、私には無縁。
とっとと奥へ進む。
いろんなお店が入っていますがショッピング・センターやモールと違い、
ギャラリーやアトリエが並んでいるような楽しさと親近感があります。


そしてベルリンブックス。
200706231309000.jpg
小さな古本屋さんです。
今日はゆっくり見る間もなく目当ての1冊しか買いませんでした。
また行くのが楽しみ。
ベルリンブックスのHPは
http://www013.upp.so-net.ne.jp/BerlinBooks/


階段踊り場から1階の床を撮影。
200706231312001.jpg
タイルで市松模様。
エレベーターの高さからもわかるように、意外に天井が高いのもこの建物の特徴です。


関連
・大阪農林会館(公式)
http://www.ny.airnet.ne.jp/nourin/
スポンサーサイト



今日のお昼休み、帽子も傘もささずに炎天下のもと
一冊の本を求め急足でベルリンブックスへ向かいました。
急いでいたから日傘や帽子は無視。

その途中、美しい建物を発見。自分1人でどよめく。
暑いわ、まぶしいわ、時間に追われているわ、
いまだにケータイ撮影学習する気なしの4拍子でしたが
「ええい、写っていたら幸いよ」と強引に撮影。

200706231301000.jpg
上のほうが少し切れていますが、なんとか写っていました。
しかし、実物はもっともっと美しいです。そして画像の印象とは異なり、涼やか。
歩いていたら突然ポコッと現れ、いい意味で場違いのような建物なのでした。
なんとも美しいデザイン。

もう1枚。

200706231302000.jpg
あーだめだ、だめ。次回に賭けます。
2階と思われる階で照明が点されていますが、
それが外から見ると、まるで舞踏会のような雰囲気なのでした。

さて、この建物の前の道は意外に車の通行量が多いです。
建物の細部の装飾もじっくり見たかったのですが、
今日はちょっと無理でした。
しかしアレです、そんなことはさておき
そろそろケータイの広角の撮影の仕方をちゃんと学習しなくてはなりません。

そしてさきほど、この建物の名前や由来をネットで調べてみました。
建物の名前は原田産業大阪本社ビルといい、
昭和3年(1928年)小笠原祥光さんによって設計されたのだそう。

建物の意匠の詳細や内部は、
原田産業株式会社HP内の大阪本社フォトギャラリーで
http://www.haradacorp.co.jp/jpn/print/gallery.html
見ることができます。ぜひご覧をば。
建物内部も、ためいきが出そうなくらい美しかったです。
昨日悶絶していた枕。
200706201541000.jpg


その顔。
200706201534001.jpg


うしろ姿。日光消毒中。
200706201547000.jpg


猫枕です。作家さんモノですが、作家さんの名前を忘れました。
|06/23| コメント(2)TB(0)