上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
みなさま、おはようございます。
こんな時間に『Dance and Drama in Bali』のIntroduction、つまり『はじめに』を更新しました。
もちろん私のことですからいきなり全文ではなく、1ページ目から7ページの32行目までです。
『はじめに』

久しぶりにこちらのblogに出没したと思ったら、いきなり朝からです。
もうちょっとマジメに、かつてのように更新したいのですが
なかなか時間が追いつきません。
というか、私が時間に追いついていないのかもしれません。
そのあたりはもにょもにょ。

では、またよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
|03/29| バリコメント(0)TB(0)
タイトルはアヤシイけども、本文はぜんぜんアヤシくないので安心してください(笑)。
ハード・コアな慈善事業家のお話です。

さて・・・・・

Duty Free Shoppersの創設者は決して自分の名を明かさないことを条件に、匿名で各国の大学や病院、IRAの平和事業等へ寄付を続けた。のちに彼は財団を創設するが、2006年度の寄付総額は$458 million。$458 millionが日本円でいくらになるのか計算がつかない。途方もない金額で想像の域を軽く超える。$を積むと富士山でいくつになるのやら。

山形浩生さんの説明によれば
「(彼は)世界のあちこちに出かけては、事業機会を見つけてそこに寄付を始めた。アイルランドの大学、ベトナムの病院、オーストラリアの大学。IRAのテロ解除への貢献。すべて自分で見つけてきて、自分で寄付の是非を判断し、そしていったん決めたら数ヶ月以内にすさまじい金額をつぎこむ(通常の寄付財団は殿様商売で評価能力も低く、事務手続きが煩雑でお金がくるまでにえらく時間がかかる)。しかもその寄付の規模は半端ではない。そこにはかれの事業者としての嗅覚が徹底して活かされている。」
( 『無一物の億万長者:ビジネスと慈善』より転載)

慈善事業家の名前はチャールズ・フィーニーCharles F. Feeney こと、チャック・フィーニーChuck Feeney。彼はForbesの世界長者番付にランクインした経験もある。そしてランクイン騒動がおさまった頃に、彼は自分の資産をすべてつぎこんで、慈善のための財団The Atlantic Philanthropiesを設立した。

90年代に入るとチャック・フィーニーさんは財団が持つDFS株をルイ・ヴィトン(LVMH Moet Hennessy-Louis Vuitton)へ売却する。しかしその後も彼の慈善(=奉仕)活動はおさまらない。
おさまらないどころか、DFS株の売却は彼の才覚だった。

「富士山がいくつできるー?」などとバカげたことを考えてしまう私なんぞは
そんなチャック・フィーニーさんへ、今でいうところの安易なセレブリティ像を重ねてしまう。
しかし彼はそんな下らないことにはまったく関心がない。彼は筋金入りの慈善事業家なのです。

「(彼は)家すら持っていない。飛行機は常にエコノミー。車もなければヨットも持たず、どこへ行くにも公共交通。通常なら肥大化し、自己目的化するのが通例の財団の末路を避けるため、オペレーションは必要最低限の人員で行われ、世襲を避けるため、家族は財団運営にタッチさせない。そして財団そのもののすべての資産を、2020年頃までにすべて使い果たすことが宣言されている。ちなみにこれは、ちょっと考えるほど楽なことではないとのこと。チャック・フィーニーの鑑識眼があまりに高いために財団基金の投資はうまく行きすぎていて、やたらに儲かる投資ばかりなのでなかなか減ってくれないのだとか。」
( 『無一物の億万長者:ビジネスと慈善』より転載)
 
チャック・フィーニーさんは財団が借りているアパートに住んでいる。山形氏が指摘しているとおり飛行機に乗るときはいつもエコノミー・クラスで、日常生活は電車かタクシーしか使わない。

「富士山がいくつできるー?」の私は、フィーニーさんに関する記事をいくつか読んでいくうちに
彼の腕時計も気になった。
He Gave Away $600 Million, and No One Knew (The New York Times)by JUDITH MILLER 』によれば
「Harvey P. Dale, a New York University tax law professor and president of Mr. Feeney's Atlantic Foundation, who has helped Mr. Feeney orchestrate his gifts since 1982, said: ''He doesn't own a house. He doesn't own a car. He flies economy. And I think his watch cost about $15.''」
ということで、フィーニーさんの腕時計は周囲の人の推測によれば$15くらいらしい。
しかし『CHARLES FEENEY (Times) Dec. 29, 1997 By ROMESH RATNESAR』 には
「Reports of Feeney's modest trappings are true, save one--that he wears a $15 watch. A spokesman says it cost five bucks.」という記述がある。
「いやいや、あの腕時計は$5」なのらしい。

だめだ。腕時計くらいでキャーキャー言っていてどうする。
ハード・コアなフィーニーさんに「けっ」と言われるのがオチだ。
そこで、もう少しだけ調べてみた。

『Out of Sight, Till Now, and Giving Away Billions』 (The New York Times) September 26, 2007 By Jim Dwyerによると、フィーニーさんは2003年にロンドンで催された『対イラク軍事制裁を批判するデモ』に参加した。そして「なぜに寄付を匿名で続けていたのですか?」という質問に対してはモニョッていたのに、2003年にロンドンで参加したデモの話題では情熱的に語っていたらしい。
フィーニーさんの子どもたちの1人、レスリーさんは
「父親の慈善事業はエキセントリックだけど、自分は無尽蔵にお金を使うような人にならなくて良かった。子どもたちが普通の人になれたのは、そのおかげよ」と。
フィーニーさんのお子さんたちはそれぞれ自分の道を歩んでいるそうです。

そんなフィーニーさんのお言葉を 『Chuck Feeney』wikipediaより
"I had one idea that never changed in my mind - that you should use your wealth to help people. I try to live a normal life, the way I grew up,"
Feeney said. "I set out to work hard, not to get rich."
最後の言葉がしみます。
「オレは一生懸命に働く、それは金持ちになるためじゃない」というニュアンスでよろしいでしょうか。
私でもそんなことが少しでも言えるように、もうちょっとがんばりたいと思います。

という自分レベルの話はさておき、すごく強烈でおもしろい人がいるんだなぁ。
私なんかには真似できるはずはないのですが
何が彼をここまで駆り立てるのか、彼の考えに影響を与えたものは何か
それも知りたい。

というわけで、山形氏推薦の
The Billionaire Who Wasn't
 :How Chuck Feeney Secretly Made and Gave Away a Fortune

日本語版を読みたいです。
こんなblogを読んでくださる出版社さんがいらっしゃるとは思いませんが、
奇特な出版社さんがいらっしゃるかもしれぬ。

出版社さぁーん、The Billionaire Who Wasn't: How Chuck Feeney Secretly Made and Gave Away a Fortuneを翻訳出版してください。読みたいです。おねがいします!!!!

関連
『The Atlantic Philanthropies』
 フィーニーさんが創設した慈善団体。

『One Life to Give』
 フィーニーさんのインタビュー。彼の奉仕哲学について。『The Atlantic Philanthropies』HP内。
  
『Chuck Feeney: Giving While Living - Summer Series』
 2003年にオーストラリアのラジオ番組でおこなわれた、「チャック・フィーニーさんを語る」。
 もちろんご本人は出席していません。
|03/09| コメント(1)TB(0)
Amy Engles(エイミー・エングルズ)さんの映像作品
『When I Found The Knife Again』が素晴らしい。
『When I Found The Knife Again』
スウェーデンの兄妹エレクトロ・ポップデュオThe Knifeのために作られたショート・フィルム、
つまりEPK(=Electronic Press Kit)。

ないふ1-100010001ないふ3-300030003

ないふ2-200020002


ディレクターのエイミー・エングルズさんは Leech姓の2005年に、
The Knifeが主催した『When I filmed The Knife』というビデオ・コンペティション
(MTV主催のコンペティションという説もあり)で優勝し、
それがきっかけでThe Knifeからアルバム『Silent Shout』リリース時にEPKを依頼され、
『When I Found The Knife Again』を作ったのだそう。
そのストーリーは、
「仲間の1匹がかつて耳にした音楽を求めて、みんなで未知の国へ向うのだけれども・・・・・。」
ということにしておきます。
英語ですが、眺めているだけでもストーリーは把握できると思います。

では、どーぞ。

The Knife - When I Found The Knife Again (2006)

「書類の字がわかりずらい」or「もっと鮮明な映像で観たい」という方は
videos.antville org. 『When I Found The Knife Again』のリンク先でダウンロードしてください。

なお、 『When I Found The Knife Again』
やはりThe KnifeのEPK『WHEN I FOUND THE KNIFE』にインスパイアされたもので、
その続編となるそうです。
『WHEN I FOUND THE KNIFE』も素晴らしい作品ですので、どうぞ。

WHEN I FOUND THE KNIFE (2004)

『WHEN I FOUND THE KNIFE』を初めて観たとき
映画『ドニー・ダーコ』に共通する感覚を呼び起こされ、ディレクターを調べてみたのですが
よくわかんないんだなぁ・・・・『WHEN I FOUND THE KNIFE』のディレクターは。
ストーリーはFrau Rabid、アニメーションはVardagということぐらいしかわからない。

スウェーデン語がわかればFrau RabidVardagThe Knifeについても、
もっともっと情報が得られるはずですが、
スウェーデン語はまるっきしチンプンカンプンです
(スペイン語もできるようになるとカラベラやメキシコのガイコツも、
もっと理解を深めることができるのでしょうが、今はスウェーデン語もスペイン語もだめ。
そんな時間はないし、頭も限度オーバーになるにちがいない)。
日本にThe Knifeのリリース会社はないうえに、雑誌等のメディアではほとんど触れられず。
自力で調べるしかないわけですが、それも難しい。
まぁ、そんなボヤキはさておき
話は戻って、エイミー・エングルズさんの受賞作品はこちら。

The Knife - Rock Classics

ビザールという言葉がふさわしいのかも。とても不思議な雰囲気の作品。
The Knifeの不気味で奇妙な持ち味もよく出ています。

話は少しずれます。

今日とりあげた3作品は「動物」が共通していますが、
全くの可愛くて心暖まるような動物ではないところがポイントですね。
2本の『When~』に登場する動物はそこそこ可愛いくて行動的であるにもかかわらず
ヒヤリとした冷たさが少しありませんか?
たとえば『When I Found The Knife Again』のウサギがたまに見せるリアルな表情や
書類にサインしたあとの表情、
『When I filmed The Knife』の「2匹の猿がいた」というくだり等。
『Rock Classics』では可愛い顔をした動物のかぶりものをかぶっているのに、中身はアレですしね。
3本とも「動物=ベタベタに可愛い」という扱いではないのが良いです。


関連
Amy Engles さんの略歴
 英語。下から5番目。日本滞在経験もあり。
BBC - Film Network 『When I Found The Knife Again』
 英語。 『When I Found The Knife Again』の短いバイオがあり。
Amy Engles/黒・赤・白・青の4色の豊かな色彩美 @TOSHIBA Channel, You Tube
  エイミーさんはSIM「TOSHIBA」映像祭(映画祭)に
 『黒・赤・白・青の4色の豊かな色彩美』という映像を出展されていたのですね。知らなかった。
 About This Videoに東芝さんによるエイミーさんの紹介文あり。

The Knife(公式)
 英語。
The Knife@Wikipedia(英語)
 現在The Knifeは3年間の活動休止中。
『Silent Shout』試聴@タワー・レコード
Interview: The Knife@Pitchfork(2006年7月24日 英語)
 兄ちゃんは『Silent Shout』制作時に、映画『ドニー・ダーコ』に影響を受けたらしい。
 また兄ちゃんは妹が歌う歌詞の意味がわからないらしい。

Rabid Records(公式)
 The Knifeの所属レーベル。
You TubeのFrau Rabidのページ
 Frau RabidThe KnifeとともにRabid Recordsを運営。
 Frau RabidのページにUPされている映像もユニーク。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。