上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
さきほど、せっかく打った内容が当方のミスで消えてしまいました。
「久しぶりにまとめて打とうとするから、こうなる」
軽く落ち込みましたが、落ち込むならばさっさと打ち直すことにします。

私はスウェーデンのThe Knifeが好きで、
以前からインタビューもちょこちょこ見ていました。
そこで、私の検索能力はつたないものですが、
ここに彼らのインタビューを挙げておきます。
と、その前に、もう一度気分をアゲなくては。

まずはThe Knifeのアルバム「Silent Shout (Deluxe Edition)」のトレイラー
(by Andreas Nilsson )
Knifespot

このトレイラーにはノスフェラトウ、カリガリ博士といった
ドイツ表現主義の雰囲気が漂っており、
ドイツ表現主義好きの私には
それだけでももうドキドキしてタマラナイものがあるのですが
本編のAn Audiovisual Experience DVD が、とにかくすばらしい。
後述のインタビューで
Andreas NilssonさんがLiveの映像(← 「An Audiovisual Experience」)を
担当した経緯についても触れられています。
楽曲も素晴らしいのにLive(An Audiovisual Experience)も素晴らしいですよ。

ちなみにアルバム「Silent Shout (Deluxe Edition)」は
 1.Silent Shout CD
 2.An Audiovisual Experience DVD +
     11 Clips of Music Video(include Short Film)
 3.Live Audio CD
という3枚組みで、せいぜい高くても3000円台前半。
どこかで見かけたら、ぜひどうぞ。

というわけで、また話がずれてしまいましたが
The Knifeのライブ(An Audiovisual Experience)映像を少々ご覧ください。


・The Knife - Live - From Off to On



・The Knife - Live - Forest Families



・The Knife - Live - Kino



・The Knife - Live - Silent Shout



ああああ、スバラシイ。またDVDを見たくなってきました。
しかしそんなことをすると
またこのエントリーを間違って消してしまいそうになるのでガマンします。

では本編のインタビュー文です。

The Knife: Swedish purveyors of alien synergy
   イギリスのDrowned in Sound .com掲載。
   デラックス・エディションのリリースにあわせて
   インタビューをおこなった模様。

The Knife - Swedish duo hoping to cut it in synth-pop world 
   Indie London.co.uk掲載。
   これもなかなか興味深いインタビューです。

Interview: Karin Dreijer Andersson on ‘Silent Shout’
   Daily Californian掲載。カリンが答えています。

interview: The Knife thoughtful electro pop
   M station org掲載。わりと短いインタビュー。

The Knife: The MusicSnobbery.com Interview
   Music Snobbery掲載。
   「中東の音楽とジプシー音楽に影響を受けた」と語っています。
   ふぅむ、やはりそうだったのか。

The Knife Biography
   オフィシャル・バイオグラフィー。

The Knife interview
   Contact music掲載。カリンが答えています。

The Knife : From Studio To Stage
   Podbop掲載。
   An Audiovisual Experience(Live)をおこなう経緯について語っています。

番外編

Video Interview with The knife(2006)
   Lowlandsフェス出演時のもの。

・NYNOISE.TV | mc steinberg interview- THE KNIFE

   ホテルのシャワー・ルームでインタビューを受ける2人。

・The Knife-interview in Headspin to Backspin

   何語なんだろう?スウェーデンの言語っぽいです。


各インタビューの内容をかいつまんでお伝えすることができればよいのですが
なにぶん読んだのがちょっと昔ですので、そのあたりはお許しください。


・関連
Andreas Nilssonさんの公式サイト
スポンサーサイト
実は今月1日に
『Dance and Drama in Bali』の「はじめに・その4」を更新していました。
こちらでは他のページとリンクさせてからお知らせしようと思っていましたが
ドタバタ忙しくしていたのが少し落ち着いたいま、
「あー、もうリンクは『その5』を更新した時に一緒にやっちゃえばいいじゃん」(ばく)
という怠慢気分になり、すっかりその気分でいます。

すみませんが、ご興味のある方は↑からご覧ください。
|09/22| バリコメント(0)TB(0)
昨日はとても蒸し暑かった大阪ですが、おかげさまで
『ジャワ舞踊奉納&ワークショップ@高津宮(大阪)』
無事に終了いたしました。
ご参加くださったみなさま、
応援してくださったみなさま、
陰から見守り続けてくださったみなさま、
高津宮宮司さまと関係者の方々、そして高津宮の神様に深く感謝いたします。

なお、本日(9月3日)の朝日新聞朝刊大阪版(第24ページ)に、
美しい写真とともに記事が掲載されました。
・『南洋の舞 奉納 大阪・高津宮』(asahi.com マイタウン大阪)
当日お越しになれなかった方にも、ご覧いただけると幸いです。

バンバンさんとファジャールさんは踊り終わったあと、
お客さまがいなくなった本殿で
感謝の祈りを真摯に神様へ捧げていました。

ファジャールさんは私をつかまえ
「今日は自分だけの力ではなく、神様からも力を借りたとしか思えない。
 こんなに気持ちよく踊らせてもらえたのは、高津の神様のおかげだ」
と真剣に語っていました。
ジャワの踊り手にとっても、素晴らしい体験ができたようです。

私はバリ舞踊の末席にいる者ですが
ジャワも含めてインドネシアの文化もこよなく愛しています。
そんな私にとって今回お手伝いさせていただいたことは、
非常な幸運でもありました。

いろんな方々に感謝しています。
本当にありがとうございました。
|09/03| 未分類コメント(0)TB(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。