上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
Cheval.jpg

シュヴァルの理想宮の一部です。
クリックしてから最大画面にすると、もう少し見やすいかも。

最初は写真で知りました。
東南アジアか南アジアの建物だろうと思っていました。
ところが「フランス」と聞いて「!?」。
フランスの郵便配達夫のシュヴァルという人が
道中でいろんなものを拾ったり集めたりして
何年もかかって独力で作り上げたのだそうです。

写真を見せられて数年後、
私は岡谷公二氏のハードカバー
郵便配達夫シュヴァルの理想宮』を読んで
シュヴァルの熱意を知りました。
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4309474187/
(↑これは文庫です)
石につまづいたことがきっかけで、この建物ができていく。

シュールレアリストのアンドレ・ブルトンは
シュヴァルの理想宮を絶賛していたらしいです。
ブルトン先生はバリ舞踊もお気に入りでした。

関連
シュバルの理想宮内部の写真等(フランス語) 
http://www.ac-grenoble.fr/isle/facteurcheval0.htm
こちらはサムネイルをクリックすると
 大きな画像でいろいろと見れます。

http://www.francerama.com/escapades/ferdinand_cheval/fr/index.htm
公式WEB
http://www.facteurcheval.com/
「シュヴァルの理想宮」(日本語)
 シュヴァルの人物と理想宮を紹介するページ
http://www.pat.hi-ho.ne.jp/nozomi/tabisaki/Hauterives/top.htm
スポンサーサイト
|06/15| 建築コメント(2)TB(0)
【母】
おお!最近この建物について息子に説明してたところでした!澁澤本読んでたらどーしても話したくなりまして。六年生はガウディと勘違いしてますた。。人間の幸福な生き方の形ですよね。ところでHN変ですかねー?ちょっと心配。
2006/06/15 16:14* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
母さんのHN大好きです。大気圏を猛スピードで突破して火星か月にドスンと到着するくらいの衝撃を受けました。私が受けた喜ばしくも素晴らしいその衝撃を、どう言語化すればお伝えすることができるのか不安です。

あっ、澁澤先生大好きです。MANさんちで「夜想」に触れておられましたが、あのあたりの雑誌はひととおり読み耽っておりました。

しかし息子さんはいいお母さんをお持ちですね。母さんステキ!
2006/06/15 23:13* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/104-367c886c
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。