上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
ロバート・キャパたちと写真家集団マグナム・フォトを設立したアンリ・カルティエ=ブレッソン。
彼がその人生と作品を自ら語ったドキュメンタリー映画
『アンリ・カルティエ=ブレッソン瞬間の記憶』が
大阪では6月17日から梅田ガーデン・シアターにて上映されます。

報道写真家として著名な彼は、インドネシアにも縁が深い人です。
1948年頃にはバリの踊りや風物の写真をたくさん撮影し
のちにインドネシア独立の歴史的瞬間にも立会いました。
また「決定的瞬間」でも有名な彼の写真には
構図や配置、リズム等の独特の美があります。

生前はめったに人前に顔をださない人でした。
人生の終わり近くになって、遺言のように語ったのだそうです。
東京ではすでに上映中だそうですが
お近くで上映の際は是非ご覧になってください。

私はまだこの映画を観ていないのでわかりかねますが
映画にバリやインドネシアの話は、たぶんでてこないのではないかと。
しかし彼はバリやインドネシアに縁があった人だから
バリ好きさんも観に行く価値は大いにあると思います。

もちろん、報道写真や『決定的瞬間』に惹かれる人
写真に興味がある人ならば必ず観るべき映画でしょう。

関連
アンリ・カルティエ=ブレッソン 記憶の瞬間(公式)バッハの曲が流れるので注意
http://www.longride.jp/hcb/
梅田ガーデンシネマのタイムテーブル
http://www.gardencinema.jp/umeda/movie/20396/
妻のマルティーヌ・フランクさんのインタビュー
http://www.mainichi-msn.co.jp/entertainment/cinema/news/20060517dde018200001000c.html
アンリ・カルティエ=ブレッソン年表
http://www.dokushojin.co.jp/0910_hcb.html
カルティエ=ブレッソンが1948年頃に撮影したバリの踊りや風物の写真
http://www.magnumphotos.com/c/htm/FramerT_MAG.aspx?V=CDocT&E=2S5RYDE0KIC&DT=DOC
モリムラ(森村泰昌)氏による『決定的瞬間』のレクチャーは本『美術の解剖学講義』でどうぞ。http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4480085998/
2002年7月から8月にかけてバリのアグン・ライ美術館で
アンリ・カルティエ=ブレッソン展が開催されたことを伝える記事(英文)
http://www.balidiscovery.com/messages/message.asp?Id=773
・ポール・コラール『人間と音楽の歴史 東南アジア編』音楽の友社(1986年)
 カルティエ=ブレッソンが撮影したバリの踊りやガムランの写真が若干掲載されています。
 大きな図書館ならば、この本を所蔵していると思います。
・インドネシア独立に関しては「ハーグ円卓会議」「インドネシア独立戦争」で検索してみてください。
スポンサーサイト
|06/17| 映画コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/110-23bd472c
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。