上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
タイトルは見かけ倒しで(笑)、まずはラピートについてカキカキ。

ラピートに乗っているぶんには実感しにくいのですが
SFチックな車体が大阪の難波・西成・住之江を通りぬけ
フランシスコ・ザビエルや線香&和菓子&刃物の堺も越え
岸和田も泉州のタマネギ畑も突き抜けて進む姿は
美しくも違和感がありシュールで、とても良い光景です。
また夜に走っている姿は飛行機が地上を走っているみたい。
(ラピートの車窓は飛行機の車窓を意匠に取り入れているので)

関空駅に着いてラピートから降りると
ラピートが駅の雰囲気と調和していることに気づくでしょう。
となりにはJR西日本の「はるか」がいてはるんですけど、「はるか」はショボイ。
「はるか」はザ・日本の旅、日常の延長、誰からも嫌われない優等生って感じ。
個性もないしラピートよりも料金が高い。

というわけで、空港はもとより
空港へ至る橋と電車だけでも非日常感が味わえて楽しめます。
飛行機に乗る用事がない人も是非、関空へ観光に行ってみましょう。
大阪へ観光にいらした方も
マスコミやメディアが作り出した大阪のイメージを追うよりも
いちど関空へ観光に行ってみましょう。

肝心の関空については、昨日挙げた関連や
トイレが世界一綺麗な関空を見学の記事で
しっかり書かれているので私がいまさら何かを言う必要はないかと(笑)。
それでも関空はとても良い物件だと思います。
漂っている空気感が軽やかな気持ちの良い空港で、威圧感がありません。

何かの折には、なんばから南海電車に乗って
レンゾ・ピアノ設計の関空へ観光に行ってみてください。
関空の郵便局(2階だったと思う)から手紙を出すのもオツかもしれません。

注:こんなにラピート、ラピートと騒いでおきながらアレですが
 観光で関空へ行く場合、必ずしもラピートに乗る必要はありません。
 南海本線の駅舎には隠れた名建築があるので
 ふつうの急行や各停電車に乗って、途中下車するともっと観光が楽しめます。
スポンサーサイト
|06/19| 建築コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/111-3ef59b3d
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。