上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
『バリの凧あげ2』のつづきです。

画像では見にくいのですが、凧をあげるための綱はこんな感じ。
20060722221216.jpg



これも画像では見辛いのですが、凧をあげる前の様子。
左の男性は綱を握っています。
右の男性はヒンドゥー神話に登場する神(おそらくバスキ神?)を
伝統的なバリ絵画の手法で描いた旗を手にしています。
20060722221757.jpg



凧をあげる瞬間。これはナガ/Naga(龍)型かな?
後ろの建物と比較してわかるように、これも大きいです。
20060722221819.jpg
画像では見辛いのですが、魚みたいな尻尾のうしろに長い布があります。
うまく風に乗って空にあがる時、この布が地面を離れる瞬間が好きです。
しかし空へ向けた頭の角度とか、すごいなぁ。


これは上のグループの凧ではありませんが、恐らく同種のナガ型だと思います。
20060722221939.jpg

長い尻尾の布の動きに見とれて、ずっと空を見ていました。
同時に日本食が恋しい頃で
「ウナギみたいやなぁ」「ウナギのおいしいのが食べたいなぁ」等も
思っておりました。


風にたわむれるウナギナガ型の凧。でもかなりヤバそうなイキフン(=雰囲気)。
20060722221849.jpg

この2つの凧がどうなったのか、その後は覚えていません。
なんせ、本当に何年も前に見た競技大会だったので記憶が曖昧です。
スミマセン。


カッコイイ!!!でも画像が見辛くてスミマセン。
頭部はバロン/Barong(バロン・ダンスに登場するバロンのことです)や
舞踊の冠(かんむり)のような革製。
細かな彫り物や細工がなされています。
20060722225835.jpg
スポンサーサイト
|07/22| バリコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/145-6db4abc9
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。