上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
今日は花見をしてきました。

昨日『Walking in the Rhythm』で
「ボナンの音が云々」と書いたせいでしょう。
今日、桜を見ながら頭の中に流れていたのが
ルー・ハリソン/ Lou Harrisonの
『SERENADE for Betty Freeman and Franco Asetto』(1978年)↓6曲目
http://www.amazon.com/gp/product/B000005TV2/qid=1144571014/sr=1-16/ref=sr_1_16/104-0209419-7577520?s=classical&v=glance&n=5174
西ジャワのドゥグン/Degungというガムランのスタイルに則っています。

上のリンク先の
4曲目『Main Bersamasama(一緒に演奏しよう)』
5曲目『Threnody for Carlos Chavez』も
ガムランで演奏されていて、良い曲です。

ここまで打って気づきました。
要するにガムラン音楽なのです。
作曲者と演奏者たちがインドネシアの人ではないだけです。
「ガムランで演奏されていて」「~のスタイルに則って」とは
まことに変な文章。

ルー・ハリソンはもう亡くなられましたが
こちらに生前のお姿が(ヒゲを生やしてチェックのシャツを着た人)。
http://www.gamelan.org/sibetty/
ちなみに↑のガムラン楽器セットは
ルー・ハリソンとビル・コルヴィックが作ったもの。
6曲目のタイトルにもある
ベティ・フリーマンという音楽のパトロンにちなんで
『シ・ベティ/ Si Betty』と名づけられています。

人によっては「カフェやホテルで流れていそう」と言われたりして
「がっくし・・・」となることもあります。
すごく聴きやすいのに、理論や技法が凝っていて良いです。
また上記3曲のほかにも東洋趣味に終わらない、名曲が多くあります。
(といっても私はオケがちょい苦手なんですが・・・響きは好き)
スポンサーサイト
|04/10| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/16-e1b9d336
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。