上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
9月7日(木)から12月5日(火)まで
みんぱく(=国立民族学博物館)にて
特別展『更紗今昔物語 ジャワから世界へ』が催されます。

本特別展は
  (1)「伝統的なジャワ更紗」
  (2)「世界に展開したジャワ更紗のデザインを模倣したプリント更紗」
  (3)「世界に展開したジャワ更紗のロウ防染技術」 の3部構成で
(↑http://db.museum.or.jp/im/Search/jsMuseumEventDetail_jp.jsp?event_no=30335
 より引用)
展示資料はアフリカのプリント更紗も含め、総数で1000点を越えるとのこと。
もちろんジャワ更紗(=バティック)のうっとりするような名品も
展示されるに違いありません。
詳細は
・「特別展 更紗今昔物語 - ジャワから世界へ」(みんぱく公式)
http://www.minpaku.ac.jp/special/sarasa/
・特別展関連事業
 「ファッション・ショー : アフリカン・プリントの世界」(みんぱく公式)

http://www.minpaku.ac.jp/museum/event/performance0609.html
・特別展「更紗今昔物語-ジャワから世界へ-」(ミュージアム・スケジュール)
http://db.museum.or.jp/im/Search/jsMuseumEventDetail_jp.jsp?event_no=30335

しかし

バティックという言葉を使うのも難しいですな。
技法を指すこともあれば、デザインを指すこともある。
ジャワのものだけじゃなくて
タイ、マレーシア、アフリカ産のものもあるし。
多様でございます。

そして「更紗」になるとますますわからないです。
バティックとほとんど同じ意味で更紗という言葉を使う時もありますよね。
たとえばジャワ更紗といえばジャワのバティックのこと。
でもインド更紗をインド・バティックとはあまり呼ばないような????
個人的にインド更紗にはプロバンスのソレイアード社へ至るイメージ、
そしてインド・バティックにはトランス系、レイヴのイメージがあります。

そういえばフランスにアンティック・バティックというアパレルかメーカーがあるけど、
別にバティック屋さんでも布屋さんでもない。
・・・・いらんこと考えんとこ。

そういえば・・・

バリで唐草模様の風呂敷を使っていたら
「そのバティック素敵よ♪」と褒められ、
「実は日本の伝統模様なんです」と答えると
「まるでバティックみたい」と言われたことがありました。

わからない。でも、なんとなくわかる。

バティックも更紗も奥が深いです。
スポンサーサイト
|08/14| 未分類コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/165-da6791cc
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。