上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
8月11日付『カラベラ(ガイコツ)人形』
メキシコの「死者の日」に作る祭壇の材料について少し取り上げました。
以下のWEBでそのオフレンダ/ofrendaと呼ばれる祭壇の細部や、
死者の日に関連する画像を見ることができます。
どのWEBも素晴らしいので必見!! ガイコツもてんこもりです。

・La ofrenda - a Heartfelt Work of Art -
http://www.inside-mexico.com/ofrenda.htm
   英文。丁寧な画像を見るだけでも満足。
・El Dia De los Muertos
http://www.elpayaso.com/muerto2.htm
   こちらも英文。Nextをクリックしていくとさまざまな画像が見れます。すばらしい。
・Day of the Dead Cultural Articles
http://www.inside-mexico.com/dayofthedeadarticles.htm
   英文&スペイン語。死者の日に関するリンク集
・MexicanSugarSkull.com
http://www.mexicansugarskull.com/mexicansugarskull/
   英文ショッピングWEB。
   お供えに使うであろうと思われる砂糖ズガイコツの抜き型に始まり、
   ガイコツ・グッズてんこもり。
   右にNew Arrivals、Skelton Folkart等商品紹介があり、
   それぞれをクリックするとダーッと表示されます。見るだけでも至福。
   当たり前のことですがカートに入れたら買い物が始まるわけですので、ご注意。
・Day of the Dead in Mexico
http://www.dayofthedead.com/
   英文。
「死者の日」を迎える人々の様子や墓場の様子、祭壇等に関する写真が豊富。
   Photographyとtraditionsの画像は必見。
・El Dia de los Muertos / Day of the Dead
http://farstrider.net/Mexico/Muertos/index.htm
   英文。「死者の日」を迎える人々の様子や町の様子、墓場の様子。
   祭壇、パレード等に関する写真もあり、本当に美しいです。

こんなに沢山メキシコのガイコツ関係を見ると、
メキシコのプロレスラーたちのマスクがなぜにあんなに意匠が凝っているのか、
なんとなくわかるような気もします。

そしてもうバレバレだと思いますが、私はガイコツ関係が大好きです。
「きもちわる~」「どこがいいの?」とよく言われますが
理由は自分でもわかりません。
朽ち果てていくドクロの掛け軸が祖母の家に掛けられていたのと
大学の先生である叔父が職業柄、人骨を持っていて
それで遊ばせてくれたことが原体験なのかもしれません。
叔父の家へ行くたび、あらゆる人骨を与えられ
「これで理科室の標本みたいなのを作ってごらん」等、よく遊ばせてもらいました。

ちなみに
「Common Misconceptions About the Day of the Dead Celebrations
 (死者の日に関する間違った概念)」
http://www.inside-mexico.com/noes.htm
というページに、It is about Love not Fear.とあります。
超訳すると
「死者に対する恐れではなく愛の表現が『死者の日である』」の意。
私もその考えに同意。
それは情緒的でロマンティックな考えかもしれませんが
そういう部分を無視するのは人間にとって辛いことだと思います。
ただし情念は苦手だけど。

おまけ
ここがまたすごいんですよ。
・Day of The Dead Folk Art Gallery
http://www.ddfolkart.com/index.html
TOPのズガイコツに蝶がいっぱいとまっていて、
タトゥーみたいな模様も入っているんですけど。
人によってはグロテスクと思われるかもしれません。
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/168-fd79a9b4
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。