上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
学生の頃はいろんなアルバイトをしていました。
なかでも、とあるバイト先はユニークな人たちばかりでした。

団塊の世代のNさんは学習院育ちで「ばあや」に育てられた人。
どこへ行くにも送迎がついて、という生活だったそう。
結婚とともに関西に来てからはバレエ・宝塚・芝居に目覚め、
日本全国で観劇するため&宝塚の生徒さんを援助するためにアルバイト。
まったく生活感のない人でした・微笑。

私とほぼ同年代のYさんは
中学時代に着ぐるみに入ってショーをすることに目覚め
卒業と同時にその世界に入って日本全国を回っているという生活。
彼女も生活に困っている様子はありませんでした。

Kさんは漫画家でした。けっこう有名な人だったそうです。

他にもいろんな人がいましたが、
みんな、お金にあくせくしておらず生活感がない。
ちょうど今くらいの季節に
吉兆のお弁当がなぜかNさんの友人から配られたこともありましたっけ。
みなさん、仕事に対する熱意と能力も高く、人格者で優しかったです。

そのバイト先で共通の話題の1つが「メリーさん」でした。
誰かが横浜へ行くたびに「メリーさんに会えた?」と。
Nさんへ「メリーさんって誰?」と聞くと
「インパクトがすごいの。お年寄りなんだけどお顔は真っ白で。
 何をしていらっしゃるのかわからない。たぶんお家はないと思う。
 あれは派手というのかしら。とにかく異様。
 でもね、品があるの、オーラがあるの。一度お見かけすべきよ。
 お会いしないとわからないから」

わかったようなわからないような私を尻目に
「このあいだはメリーさんはこんなこんなふうで・・・」
「高島屋でメリーさんはあんなあんなで・・・・」と会話が続き
私は頭の中でメリーさんを想像していたのでした。

それから10年以上は軽く経った今、
メリーさんに映画の中でお会いできそうです。
映画『ヨコハマメリー』
http://www.yokohamamary.com/yokohamamary.com/

こちらのサイト『さよならメリーさん』も是非。
http://www.k2.dion.ne.jp/~dambala/top/merry.html
スポンサーサイト
|04/12| 映画コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/19-feabc4ee
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。