上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
CDジャーナルさん(9月11日付)に
ワープ・レコードと現代音楽家との接点を追求したプロジェクトの作品が発売に
という記事が出ていました。
以下はCDジャーナル(9月11日)
http://www.cdjournal.com/main/news/news.php?nno=12764#disc
より転載。
  エイフェックス・ツイン、スクエアプッシャーらワープ・レコード所属アーティストと
  アヴァンギャルド音楽家との音楽がどのように繋がっているのか、
  また人間と機械との関係はどのようなものなのか、
  それらを追求したプロジェクトのアルバム
  『Warp Works & 20th Century Masters』(写真)が発売されます。
  このプロジェクトは、
  現代音楽を主軸に活動する室内オーケストラのロンドン・シンフォニエッタが、
  2003年8月にロンドンのロイヤル・フェスティヴァル・ホールにて行なったもの。   
  当日はエイフェックス・ツイン、スクエアプッシャーらによるインストゥルメンタル、
  そして20世紀の現代音楽家ジョン・ケージ、カールハインツ・シュトックハウゼン、
  スティーヴ・ライヒなどの楽曲を披露し、
  ワープと20世紀現代音楽家との関係を追求。
  ~中略~
  ロンドン・シンフォニエッタによる“音楽によっていかに機械を表現してみせるか”
  という意図がきっとアナタにも見えてくるはずです。


収録曲は
≪ディスク1≫
1. Prepared Piano Piece 1 - Aphex Twin
2. Prepared Piano Piece 2 - Aphex Twin
3. Study No.7 - Conlon Nancarrow
4. Sonatas 1 And 2 (from Sonatas & Interludes) - John Cage
5. Violin Phase - Steve Reich
6. First Construction In Metal - John Cage
7. Tide - Squarepusher
8. Spiral - Karlheinz Stockhausen
 
≪ディスク2≫
1. Sonata 12 (from Sonatas & Interludes) - John Cage
2. Ionization - Edgard Varese
3. Six Marimbas - Steve Reich
4. Conc 2 Symmetriac - Squarepusher
5. Sonata 5 & 6 (from Sonatas & Interludes)- John Cage
6. AFX237 V7 - Aphex Twin
7 Chamber Concerto 1) Corrente Gyorgy Ligeti
8 Chamber Concerto 2) Calmo, Sostenuto - Gyorgy Ligeti
9 Chamber Concerto 3) Movimento Preciso e Meccanico. Gyorgy Ligeti
10 Chamber Concerto 4) Presto. Gyorgy Ligeti
11 Polygon window - Aphex Twin arr. Kenneth Hesketh

Warp Works & 20th Century Masters - London Sinfonetta
20060912150509.jpg

日本盤(BRWP-144 \3,005(税込))は9月20日にリリースされるとのこと。
バイオ、写真、豪華デザインブックレット付。

おもしろそう。絶対に買ってしまう。
DVDとかつけてくれないのかしらん。
それとものちにDVD化されたりしないのでしょうか?
こういうのは、演奏映像もあると楽しいですものね。
スポンサーサイト
|09/12| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/197-f70f05c9
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。