上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
下の記事でとりあげた
『Warp Works & 20th Century Masters』のトラック・リストを眺めていたら
エイフェックス・ツインAphex TwinのDrukqsがやおら聴きたくなってきました。
このアルバム、ミョーに好きなんですよ。

Aphex Twin "Drukqs"
Drukqs.jpg
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005QD9N/sr=1-5/qid=1158037530/ref=sr_1_5/250-8386901-7289800?ie=UTF8&s=music

そして例によってYou Tubeへ。ハハハ

今回はエイフェックス・ツインで検索をかけずに
シュトックハウゼンで調べてみました。
エイフェックス・ツインの映像に遭遇したら
また時間も予定も考えずにしばらくエイフェックス・ツイン漬けになりそうだからというのが
その理由。
それにシュトックハウゼンもおもしろいもんね。

ありました。

Stockhausen Interview

英語なのでほとんどわかりませんが
こういう現場モノはやはりおもしろいです。
ヘリコプターの中で弦楽器を演奏してヘリの音を出しているところや
リハ、舞台とか。
インタビューの最初のほうでは
ビートルズのサージャント・ペパーズのアルバムが登場。
なぜならばあのアルバムのジャケットにシュトックハウゼンがいるからです。
 (ビートルズの本をあまり読んだことがないから
 ハッキリしたことは言えないのですが
 ポール・マッカトニーはシュトックハウゼンが好きだとか影響を受けたとか
 そんな話を聞いたような覚えがあります。
 正確な話じゃないので間違っていたらごめんちゃい)

ちなみにこちらのサイトへ行くと
サージャント・ペパーズのアルバムに登場している人たちが誰であるのか、
名前がわかります。
Who are They?
http://math.mercyhurst.edu/~griff/sgtpepper/people.html
インタビューでは一瞬だからいまいちピンと来なかったかもしれませんが
5番目がシュトックハウゼンですね。若かりし頃。

さらに挙げられている名前をじーっと見ていたら
あれっ、33番の人って
パラマハンサ・ヨガナンダ師Sri Paramahansa Yoganandaだったの?
ぜんぜんわからなかった。

パラマハンサ・ヨガナンダ師はヨーギンです。
どういう流れで読んだのかは忘れましたが
あるヨギの自叙伝 という本が翻訳されていて
それがめちゃくちゃおもしろいです。
瞬間トランスポートみたいな話のほかにも
私からすれば不思議な話がてんこもりなのですが
(ヨーギンにとっては不思議でも何でもないのでしょう)
すごく深い言葉もたくさん語られており、飽きずに一気に読めます。
20060912155844.jpg

あるヨギの自叙伝
Paramahansa Yogananda/原著
A5判・536頁・定価4410円(税込)1983年9月 森北出版
ISBN4-627-99931-3 C1023
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4627999313/qid=1132034015/sr=1-1/ref=sr_1_2_1/249-5587016-0572362
置いている図書館も多いです。アヤシイ本じゃないです。

今日もワケわからんところに着地しました。
『Warp Works & 20th Century Masters』から
なぜにパラマハンサ・ヨガナンダ師へ至るのか
自分でもメチャクチャだと思います・笑。
スポンサーサイト
|09/12| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/198-c7045257
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。