上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
10月9日(体育の日)に
踊り仲間や踊り仲間の生徒さんたちと一緒に
大阪の住吉大社でバリ舞踊を奉納させていただきます。

場所:住吉大社五月殿(さつきでん)

日時:2006年10月9日午後2時頃から

演目:(順不同)
・ルジャン/Rejang
   寺院の祭礼で神々が降臨した際に、儀式として人々に踊られていた踊り。
   地域ごとに様々なルジャンがあります。
・パニャンプラマ/Panyembrama
   歓迎の舞踊。踊り手は歓迎の意をこめて後半で花を撒きます。
・チョンドン/Condong
   王宮に仕える高級女官の様子をあらわした踊り。
   髪を洗ったり、髪に飾る花を集めたりする様子などが、さまざまな動きで繰り広げられます。
   後半にレゴン(今回は王族役)2名が登場します。   
・レゴン・ラッスム/Legong Lasem
   数あるレゴンのなかから、今回はラッスム王の物語。
   (長い踊りなので、今回はどこまで踊るのかまだ情報を得ていません。スミマセン。
   たぶん・・・・バパン/bapangという顔見世に当る部分までじゃないかと思いますが)
・テヌン/Tenun
   糸を紡いで機を織り1枚の布を仕上げる過程を描いた作品。
   途中で糸が切れて結ぶことも。糸車を楽しく回していたらプチッて切れたんです。
・ユダパティ/Yudapati
   戦闘の訓練をする兵士の様子を描いた作品。かっちょええー
・チリナヤ/Cilinaya
   豊穣の女神をモチーフにした人形が踊る様子をあらわした作品
・タルナ・ジャヤ/Taruna Jaya
   「若き勝利者の踊り」とも「思春期の若者の変化しやすい情動を表現した作品」
   ともいわれています。
   クビャール/Kebyarと呼ばれるジャンル独特の、
   ダイナミックかつ機敏な動きと表情が見事な作品。

すみません。多忙と睡眠不足でヘロヘロです。
勢いで解説を書きましたが、てきとーすぎるよなぁ・・・・。
出演者の名前等はまた後日UPさせていただきます。
あ~ 私はテヌンを踊らせていただきます。
(当日2組がでますが、私は後半のテヌン組です)
無料ですので、もしご都合がよろしければ
まったりとお楽しみください。

自分や仲間が出演する催しの告知をしたのは今回が初めてでして
やはり告知には慣れません・笑。

関連
・住吉大社(公式)
http://www.sumiyoshitaisha.net/index.shtml
・住吉大社(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8F%E5%90%89%E5%A4%A7%E7%A4%BE

しかしさぁ
下に電グルの記事を書いて、ちと恥ずかしいです。また笑われそうです。
「電グルの次にすみよっさんって、ほんま節操がないな」と。
スポンサーサイト
|09/24| 未分類コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/209-bb312731
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。