上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
やっと教室のHPができあがりました。
http://www.k4.dion.ne.jp/~puspa/index.html

ディスプレイによっては文章がハミ出ていたり
写真が小さすぎるとか少なすぎるとか
鋭意執筆中にしちゃってるとか
まだまだモンダイ山積みですが
「んなもん、あとで何とでもなるだろ」と強行公表いたしました。

「ここはこうしたほうがいいよ」等
みなさまの慈愛に満ちたご指摘もcontactよりお待ちいたしております。
実は10月中頃まで忙しすぎて、修正や更新もままならない状態ですが
中旬以降にヒマを見つけてトリートメントいたしますので
よろしくお願いいたします。

HP中にDDBという、一見「なんじゃらほい?」なコンテンツがあります。
DDBはDance and Drama in Baliという本を(自分勝手に)指しておりまして、
第三章呪術劇Part1バロン/Barongを自分勝手に訳しています。
本当はちゃんと本の序文から訳すればよかったのですが
この本の訳を始めた頃(遠い昔です)は初期衝動がバロンに向かっていたので
その当時の自分の順序に従って載せてみた次第です。

いきなりバロンの、
しかも今回載せてみたところはディープな部分でして、
人によっては拒否反応を示されるかもしれません。
バリはそういうディープな部分がすべてではありませんが、
そういうものは存在します。ご了解くださいませ。

しかしだ・・・・

「そういうもの」とか「ディープ」とか「自分勝手」だの
曖昧かつ閉じられた表現ばかりでスミマセン。
もう、アタマがまともに動いていません。
機会があれば20時間ぐらいノンストップで眠り続ける自信があります。

話が前後しますが
Dance and Drama in Bali
1938年にイギリス人のベリル・デ・ゾエトBeryl DeZoeteと
ドイツ人のワルター・シュピースWalter Spiesが出版した本です。
(Beryl DeZoete & Walter Spies 『Dance and Drama in Bali』
1973(Reprint) Kuala Lumpur : Oxford University Press,
Originally published by Faber and Faber Ltd.1938)

ワルター・シュピース(ヴァルター・シュピースとも表記されます)という人は
バリで絵画や舞踊などさまざまな活動を展開していた人なのですが
1938年、ホモセクシャルであることを理由に
オランダ植民地政府によって拘束、投獄されました。
翌年1939年にいったん解放されましたが、
ナチスのオランダ侵攻にともない
シュピースは敵国人として1940年に再び強制収容されました。
1942年、シュピースを含む収容人たちを乗せた輸送船はセイロンへ向かう途中、
日本軍の爆撃を受けて沈没。享年47歳。
彼の経歴や活動・影響は多岐に渡っています。

ベリル・デ・ゾエトはイギリスの舞踊研究家。1962年逝去。
『The Other Mind: A Study of Dance and Life in South India』
『Dance and Magic Drama in Ceylon』という著作を発表しています。
シュピースに比較すると、彼女の詳細な評伝は少ないです。
恐らくは私が探し足りないだけでしょう。

だめだ、こんな時間なのに集中力がもうない。
スポンサーサイト
|09/25| バリコメント(4)TB(0)
【ペコ】
きゃー!HP開設おめでとうございます!!そして開設に至るまでお疲れ様でした。
トリートメントとゆう表現ステキですね。
さっそくお邪魔しに伺いました♪
のりりこさんのバリでのお話は以前から大変興味深く楽しんで読んでおりました。
(昔から行きたい場所にバリが私の中で挙がっていたので)
バリ舞踊に関する話の奥深さにもビックリしましたが、お兄さんの絵画に
「うえ~~~~う、う、うますぎ。てか、スゴい!!ど、ど、どーなってんだ?ココとか、、」
と久々に絵画に対して感心しちゃいました。
とても美しい絵ですね~。ありがとうございます。

これからも伺いに行きますね♪
なによりHP開設おめでとうございます!!
2006/09/26 10:48* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
あじがとー、あじがとー、ありがとうございます(なみだどぼどぼ)。
ほんとに、励ましてくださった皆様のお陰でございます。
文章やらディスプレイから溢れていて
枝毛やらアホ毛やらが出ている状態ですが
そのうち修正いたしますので
ユルシテやってください&これからもよろしくお願いいたします。

トリートメントという言葉は某バンドの某ギタリストがアレンジを指して使っていた言葉で、アホアホ状態の私のアタマに数年ぶりに突然浮かびました。

荷物にもかかわらず絵を持って帰ってきてくださった先輩のお話によると
兄ちゃんは数十分で描きあげたそうです。
兄ちゃんは多芸多才で、私の知らないうちに去年くらいまでソンチョーもしていました
(兄ちゃんは2人いますが2人ともソンチョーになりました)。いい意味でとてもユルイ人なので、今頃は仕事先の休憩時間に魚釣りをしていると思います。釣った魚はもちろん晩御飯のオカズですだ。ペコさんが感動してくださったことをしっかと伝えておきます。

バリは是非訪れてみてください。
その折にはこんな私でよければいつでもご相談ください。
2006/09/26 17:06* URL* [ EDIT]
MAN
開設おめでとーございます。
ステキなのができたじゃないですか!笑
「プスパ・メーカル」ってのは「花が咲く」っていう意味なんですね。
ボクの本名も「花がいっぱい咲くように」っていう意味でつけられたんでなんか親近感ありますです。笑
2006/09/26 18:42* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
ありがとうございます。ほんとうに謝謝です。
MANさんも「タグ打ちから作ったよ」とのことで、どんなに励まされたことか。
昔ともだちと鍋をした時、ある人が乾燥ワカメをそのまま鍋に入れたため、ワカメが異様に繁殖してびろびろに伸びた記憶があるのですが、MANさんに励ましていただくまでの私はあの時のワカメに似た状態でした。
さらにインプレスさんのサイトも教えていただいて、本当に感謝しています。ありがとうございました。
まだまだやらなきゃいけないことがありますが、どうかよろしくお願いいたします。

それから、りちうむちゃんにヨロシクです。
りちうむちゃんがミーと腕を伸ばしている写真にムニュムニュされました(MANさんがDiaryで「おめーはどうして~」とコメントされている写真です)。ぱさぱさのココロをムニュムニュされたいがために、何回あの写真にお世話になったことか。りちうむちゃん、ありがと。

バリでは男の人も耳に花を挿していることがあります。そういう時はたいていお祈りをすませたあとです。花はお祈りをする時に絶対必要で、お供えにも欠かせません。聖水も花を介していただくことが多いです(容器から直接注いでもらうときもありますが)。バリの宗教に花は欠かせないので、MANさんのご本名に何か繋がりを感じます。

長々とスミマセン。
2006/09/27 01:04* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/210-39eeb527
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。