上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
私はケミカルな基礎化粧品(あくまでも基礎化粧品に限定)が苦手で
「どうでもいい」と何もしなかった期間があります。
そんなある日のこと
いろんな太鼓を集めて演奏するのを楽しみとしている女性が
「今日は肌が乾燥しているねぇ」
と太鼓の皮にホホバオイルをすりこんでいるのを目撃しました。
「そんなことしていいの?」と訊いてみたら
「これで皮がシットリするのよ。人間にも効くわよ」との返事。
ほんまかいなと太鼓の皮を触らせてもらったらシット~リしているんです。
その一件をきっかけに人間の私も寝る前の顔に塗ったり、手に塗って早数年。
乾燥のひどい季節はなかなか良い仕事をしてくれます。
手なんて、苦労知らずの若いお姫様みたいになってくれる時もあります。

そんな経緯でホホバオイルに開眼して以来
アーモンドオイルだのナントカオイルだのいろんな植物の油を使っていますが
オイルだけだと夢がないというかプラスアルファが欲しくなる時があります。
そういう時は植物オイル数十mlに対しエッセンシャル・オイルを数種数滴混ぜ
(↑効能と禁忌、原産地を勉強したうえでおこなってください)
得体の知れないナゾのオイルを作って塗り塗りしています。

それがたまに香りも効能も大ヒットすることがありますが
先日調子に乗って作ったのは、なんかどこかで嗅いだことのある匂いで
クサイ。
「なんだ、これは」と匂いの記憶を辿ってみて気づいたのが
バリで筋肉痛や頭痛をはじめ何にでも効く薬草オイルとして知られていた
某社のマッサージ・オイルの匂い。うげーっ
シトロネラやローズマリーを投入したのが原因だと思われます。
顔に塗る気は一気に失せ、スポーツ好きの親戚にあげたら
「筋肉痛がとれてよく効く」と喜ばれました。
トホホでしたが、喜ばれてよかったです。

去年もこれまた調子に乗って
パチュリやフランキンセンスのエッセンシャル・オイルを植物オイルに混ぜ
アヤシイけどもオリエンタルな香りがすると喜んでいた矢先、
母が
「それ、ヒッピーの匂い。昔ヒッピーの人たちが好きな匂いやったわ。
ついにヒッピーになったのねぇ」と指摘。

数々のエッセンシャル・オイルや植物オイルの瓶を並べて
「中世の医者みたい」と喜んでいる私ですが、
香りの調合のセンスは見事にダメです。
闇雲にイヒヒと混ぜるので修正がききません。
まぁ今後、どれだけクサくて変な調合オイルができるのか、
楽しみではありますが。

あと最近はウォッカにハーブを詰め込んで、毎日軽く振っています。
なんだっけ、それ。えーっとティンクチャーとか言うそうです。
有効成分が浸出した液体となり、いろんな用途に使えるそうですが
私の場合、ただそういうものを作ってみたかっただけです。
瓶が並んでいるのが楽しいと。
中世の医者ごっこのレベルです。
スポンサーサイト
【母】
お久しぶりですー。香り大好きなワタクシとしましては、興味深々でございます。お母様のコメントに朝から緑茶吹き出しましたわ。。B坊さんとこに ローザやゼルダ見に行かれた話で思い出したのですが どんとさんが亡くなる少し前に さちほさんとライブに来られてじーんとしたのです。村八分歌ってくれました。私の旦那はカバーやってたんでかなりぐーっときてましたねー。みんなでご飯食べてる時 私が子連れだったので  僕らも連れてくれば良かったねーなんて話してくれました。あ、何か文が阿保みたいですね。。リハビリ中。。
2006/10/18 13:35* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
母さん、どうしておられるかと心配していました。でも、とりあえずはお元気そうで何よりです。もういっそのこと親も逃げるくらいの強烈なのを作ってやろうかと考えています。私はぜルダはサヨコちゃんが好きで、さちほさんは「お姉さん♪」って感じでした。どんとさんが亡くなられたのはすごくショックでした。素敵なお話、ありがとうございました(平伏)。
2006/10/18 22:14* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/228-06898c02
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。