上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
バリ島にはさまざまな編成のガムランがありますが
そのなかの1つ、グンデル・ワヤンGender Wayangをご存知でしょうか?
影絵芝居の伴奏に用いられたり、
通過儀礼をはじめ、各種の儀式で演奏されることの多いガムランです。

私はグンデル・ワヤンを聴くのも好きです。
聴いているとココロにジワ~ッとくるんですね。
ピアノ音楽やエレクトロニカが好きな人もグンデル・ワヤンは恐らく気に入ると思います。

バリの他のガムランと同じく
グンデル・ワヤンも各村や各地域で独特のスタイルを持っていますが
なかでもバリ中南部では
・デンパサールDenpasarのカユマスKayumas村、
・タバナンTabananのトゥンジュクTunjuk村、
・ギャニャールGianyarのスカワティSukawati村
のグンデル・ワヤンが有名です。
しかしそのスカワティ村の
グンデル・ワヤン演奏家イ・ワヤン・ロチェンI Wayan Loceng氏が
10月17日に亡くなられました。

ロチェン氏は自身の演奏のみならず指導にも力を注いでおられ
バリだけではなく
世界中からグンデル・ワヤンを学びたい人や
グンデル・ワヤン愛好家、影絵芝居愛好家がロチェン氏のもとに集まっていました。
私は指導を受けたことはありませんが
日本にもロチェン氏の生徒さんたちがいらっしゃいます。

バリを含め世界中のロチェンさんの生徒さんたち
ロチェンさんのお人柄に魅了された人たち
ロチェンさんのグンデル・ワヤン演奏が大好きだった人たち
ダラン(影絵芝居の人形使い)たち
影絵芝居研究家たちにとって、とても辛いことだと思います。

私はロチェン氏のご冥福を祈る以外何もできません。
しかしロチェンさんやグンデル・ワヤン、バリの音楽をあまり知らない人も
以下に挙げるロチェン氏の演奏が収録されたCDを
いつの日か聴いてもらえたらなぁ、と思います。


バリ・ガムランの精華 スカワティのグンデル・ワヤン
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005F82B/sr=8-1/qid=1161531475/ref=sr_1_1/503-8098085-1579939?ie=UTF8&s=music
Kingrecord1.jpg


妖炎のグンデル/デワ・ルチ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00005GWC5/sr=8-5/qid=1161531475/ref=sr_1_5/503-8098085-1579939?ie=UTF8&s=music
JVC.jpg


謹んでご冥福をお祈りいたします。

関連
・Perginya Loceng, Penabuh Lonceng Kehidupan
ロチェン氏の経歴を振り返りつつ、氏へ哀悼を捧げるバリ・ポスト紙
(インドネシア語)
http://www.balipost.co.id/BaliPostcetak/2006/10/22/b4.html

スポンサーサイト
|10/23| バリコメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/233-6129d3ec
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。