上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
DelaysのPVを観たあと、
教王譲国寺(東寺)の立体マンダラが
ぐわんぐわんと立ち昇ってくる始末。
昨日1日、何も考えていない時は
立体マンダラに脳内を侵食されていました。

立体マンダラと言っていますが
正しくは羯磨曼荼羅(かつままんだら)という名前です。
羯磨はサンスクリット語のKarman由来の「行為」という意味です。
従って「行為のマンダラ」が意味としては正しいのでしょうが、
仏像がドッカンドッカンと配置されていて
私みたいな人間は開いた口ポカーンの大迫力。

しばらくして落ち着いてくると
「この仏さん、○○のおっちゃんにソックリ」「オトコマエ~」
「この眉間は○○に似てる」「いや~ん、○○ちゃん」等の
余裕も出てきますが、馴染むまでは異様な空間です。
でも大好きです。
馴染んだ頃には自分も仏像になったような気がします。
(↑そんなわけない・苦笑)

こちらでありがたくも特集されています。
http://www.touji-ennichi.com/info/koudo_j.htm

「日本に現存するトイレで一番古いものは東寺にある」と
高校の頃、先生が言っていました。
スポンサーサイト
|04/18| 未分類コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/25-f3ea1fc0
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。