上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
ラモーンズつながりというか・・・
季節感にまったく関係ないというか・・・・。
私は「死者の日」やガイコツ人形が、いつも頭の中のどこかにあるんです。

というわけで

あの世にいらっしゃるRamonesのメンバーJoeyとDee Dee、Johnnyのために
去年(2005年)LAの墓場Hollywood Foreverで催された
「死者の日 Day of the Dead」。
こちらでその様子を見ることができます。
Dia de los Muertos 2005 at Hollywood Forever(ラモーンズ公式)
http://www.officialramones.com/muertos/index.html
Topはこんな感じ↓で
dayofthedeadramones0001.jpg
GABBA GABBA HEYや絵の辺りをクリックすると、
次のページが出てきて、そこから次々と見ることができます。

飾りつけのほかに、みんなで集まって用意をしている様子や
パレード、夜が更けたときの様子など
いろんな写真が見れます。
世界中からいろんな人が集まっています。
良い写真。

そんでもって各写真のコメント(英文)が素晴らしい。
主催者がラモーンズ・ガイコツ人形を集めるために
メキシコ・シティを駈けずり回ったことや
「Rock rock, rockaway beach」
「It's time for sound-check, 1-2-3-4.」
といったコメントが添えられていて微笑ましい。
そしてそれらのコメントに交えて
祭壇に用いられる花や、
メキシコおよびアズテックの風習を手短に説明しています。
好きだったラモーンズのための「死者の日」の写真を見ながら
「ああ、そういう意味なのか」と学べるという。
これくらいの短いコメントだと
英語でもなんとかがんばれますよね。

日本のファンの人が供えた提灯も綺麗でした。

こうやって見ていると「死者の日」は
亡くなった人を迎えるためだけのものではなく
生きている人たちのためのものかな、と思います。

今年(2006年)のラモーンズの「死者の日」は
グーグルやヤフーなどで
ramones hollywood dia de los muertos 2006
などとテキトーに検索すると、個人のblogなどで写真が見れます。
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/257-50267842
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。