上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
一昨日か先一昨日にキュアの映像を載せ、
昨日からレッチリ日本公演の先行予約も始まったということで
今日はザ・キュア/The Cureのカーニジ・バイザーズ/Carnage Visors。


かつての私はポップな曲をやってくれるキュアが好きで
暗~い曲はあまり積極的に聞きたくありませんでした。
しかし何かの時に間違ってPornographyを聴いてみたら
これが非常に良かった。
陰鬱さも歪みも重さも素晴らしい。
さらにリズムもロバート・スミスのVoも素晴らしい。
しばらく戻ってこれませんでしたわ。

The Cure - Pornography-
pornography0001.jpg
このアルバムの3曲目Hanging Gardenはたしか「首吊りの庭」という
オソロシイ邦題がつけられておりました。
試聴はこちら
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000002H5T/sr=1-35/qid=1164382123/ref=sr_1_35/503-7136756-2047912?ie=UTF8&s=music

で、Pornographyをきっかけに
キュアのポップではない曲もガリガリ聴くことになりました。
しかし根がエエ加減なわたくし。
そのうちCarnage Visorsという曲が存在し
カセットテープでしかリリースされなかったことを知っても
「ま、いつかリリースされるでしょ」程度にしか思いませんでした。
ユルいファンだったんです。
いつも「解散する」とかワケわからんことを言ってた
ロバスミについていけなかったのも、その理由です。

ちなみにCarnage Visorsは同名のアニメーションのサントラで、
曲の長さは30分くらい。
キュアは3枚目のアルバムFaithをリリースしたとき
カセットテープ版にCarnage Visorsをカップリングしました。
1980年代初頭の頃らしいです。

それから月日は流れ、世の中がネット時代(笑)に突入したので
私もヒマなときにCarnage Visorsを検索してみたら
ツアーのSEに使われていたことや
アニメーションの写真がツアーパンフに使われていたことを知り
「Carnage Visorsを聴きたい&観たい」欲望が湧いてきました。

しかし現実は難しかった。
カセットテープでしかリリースされていないんですよ。
しかも80年代に。
レアなレコ屋さんへ行っても当然ないし
「オークションへ手を出すのも嫌だし」と悶々とすること数年。
さらにレッチリのジョン・フルシアンテが追い討ちをかけるように
「カリフォルニケーションは
 キュアのCarnage Visorsにすごく影響を受けている」と発言。
 (イギリスの音楽雑誌「Mojo」2004年7月号p.78。
  なおこのインタビューを翻訳掲載した「Player」2004年9月号に
  この発言は収録されず)

泣きました。号泣しました。
「いーよなー、いーよなー、
 ジョン・フルシアンテは金持ちだからレアなものだって
 ざくざく買えちゃうもんねー」
「もう、ジョンのソロ・アルバムなんて買ってやらない」と。
(舌の根も乾かぬうちにジョンのソロを買いあさっておりましたが)

そんなわけで「もうムリかも」と思っていたのですが
ある日とつぜん
「Faithのリマスター盤をリリースします。Carnage Visorsも付けちゃいますよ」
というお知らせを発見。

待ってみるもんですわ。
長年の夢が叶い、良かったなぁというわけで即購入&即聴き。

The Cure - Faith -(Deluxe Edition) [Digipak]
FAITH0001.jpg
Carnage Visorsの試聴はこちら。下から8番目。
http://www.bestbuy.com/site/olspage.jsp?skuId=7068861&type=product&id=1423230
こんな感じで30分近く続くのですが
確かにカリフォルニケーションのあのリフに似ています。
「なるほどなぁ」と思いました。
ベースを弾いているのはロバート・スミスです。
妙にやみつきになる曲で聴き入ってしまうんですよ。
30分もあるのに。
おかげでこの曲を聴くときは、わざわざ時間を作らないと聴けません。
しかもしばらく聴いていないと、聴きたくなって飢える。
なお、このアルバムはアマゾンでも買えます。

映像のCarnage Visorsも
いつかどこかで観れるようになったらいいなと思いますが
とりあえずはこちらでツアーパンフ掲載の写真を。
Carnage Visors Tour Book 1981
http://www.pbase.com/craigparker/carnage_visors_1981

Carnage Visorsを聴いてからこの曲を再び聴いてみると
今までとは違ったふうに感じました。
Red Hot Chili Peppers - Californication


しかし
カーニジ・バイザーズという表記で正しいのかどうか
わかりません。
スポンサーサイト
|11/25| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/263-c3ac3eea
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。