上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
DVDをわざわざ見る時間がないちょっとした時は
You TubeやGoogle Videoが便利ですね。
さいきんはキュアThe Cureの映像をちょこちょこ観ていました。

今日はとりあえずこれ。
The Cure - The Caterpillar

うわっ、上↑の静止映像・・・・。
観る気を失くさせるembedマジックですな。
内容はロバスミたちに加え、毛虫や蛾みたいな蝶、
イモムシと思しきハリボテ人形(人間2人入り)が出てきて踊ってたりするんですが・・・・・。

PVの一部はこんな感じ。

ctp1.jpg   熱帯の楽団っぽい。
  植物や白い柱のせいですね。



ctp20002.jpg   お花とロバスミ。
   お顔の角度もすごい。
   少女マンガの古典みたい。 



私がこのビデオで好きなのは
  ・イントロで、庭で踊ってあばれているハリボテのイモムシ。
   獅子舞やバロンのように、脚がハの字になったりして芸が細かい。
   のちに室内に出没。
  ・鍵盤が揺れるアップライトのピアノ、 
  ・アコーステック・ギターのサウンドホールの模様が蝶、
等々いろいろとありますが、全体的に可笑しいPVです。
それと、すっごく失礼なのですが
ロバスミが今ほどブクブクに太っていないのも可笑しい。(ごめんあっさーせ)
監督はティム・ポープTim Pope
撮影場所はキュー・ガーデンKew Garden。
肝心の音は、一緒に歌いたくなるくらいポップです。
ちょっとヘンテコな感じがたまりません。

ちなみにThe Caterpillar
ベスト盤でも聴けますが、The Topに収録されています。
thecurethetop0001.jpg

このジャケットを改めて久しぶりに見てみると
エスニック雑貨屋さんか、レイヴのパーティみたいですね。
トライバル系にも使えそうなデザインじゃないですか。
試聴は最近リリースされたデラックス・エディション版だと、
こちら→http://listen.jp/store/album_00602498400128.htm

今の時代みたいに撮影技術が進歩していなかった80年代のPVは
 ・ストーリーもの
 ・上手い下手を問わず踊る/踊らせる
 ・特殊メイク
 ・演奏シーン
 ・人形
 ・アニメ
 ・せくしーおねーちゃん登場
 ・扮装する
 ・なんしかメンバーを出す
等々に分類することができると思うのですが
ユルさやアイデアに並んで
監督やミュージシャンたちの世界観や美意識がユニークで鋭いものもあり
つい見入ってしまいます。
いっぽうグデグデやベタなストーリーものも、おもしろくて好きです。
もちろん最近のPVも大好きです。

関連
・The Cure(公式) http://www.thecure.com/default.asp
・キュー・ガーデン(公式、英語) http://www.rbgkew.org.uk/
     サイトもボリュームてんこもり。いつの日か行きたいです。
・ティム・ポープTim Pope(公式、英語) http://www.timpope.tv/
・ティム・ポープ作品リスト(mvdbase.com、英語)
http://www.mvdbase.com/tech.php?last=Pope&first=Tim
 すごい数です。観たことのあるPVがたくさんありました。
 余談になりますが佐野元春のPV「New Age」も撮影しています。参照↓
             http://www.moto.co.jp/Visitors_20th/package/index.html
スポンサーサイト
|12/03| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/268-edda2f8f
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。