上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
カナダ出身のバンド、ザ・バイシクルズThe Bicycles
ポップでとても良いです。
私はもっぱら彼らのMy Space(公式)で楽しんでいるのですが
60年代、キンクス、モンキーズ、ビーチ・ボーイズ、モッズ、80年代New Waveなど、
いろんな影響やアイデアを感じます。

TheBicycles.jpg  これは彼らの1st album
 『The Good The Bad and The Cuddly』
 (公式HPに掲載されていた画像を転載)
去年2006年にリリースされました。
「輸入版で入ってこないかしらん?」と
数軒のレコ屋へ行きましたが
まだ日本では売っていないみたいです。
そのような事情でアルバムの全曲を聴いたわけではなく
想像でしかないのですが
たぶんスミスとか、そのあたりの影響もあるのではないかと思います。

公式HPやMy Spaceによると、メンバーは
Matt Beckett - singer/guitar
Drew Smith - singer/guitar
Dana Snell - singer/drummer
Randy Lee - singer/bassist
Andrew Scott - singer/guitar/trumpet/trombone/keyboardの5名。
全員がsingerであって、vocalという表記は特になし。
芸域もかなり広そう。

それで肝心の音は
The Bicycles(My Space公式)
http://www.myspace.com/thebicycles
で、どうぞ。
  なんですけど、このMy Spaceの写真がファニーです。
  なぜにこの人はボナンBonang(ジャワのガムランに用いられる楽器)を
  演奏しているような写真を掲載しているのか(笑)
  しかもコブを叩いているようには見えない(笑)
  おまけに口が開いているようにも見えてオカシイ。
話がずれた。つい写真のガムランに反応してしまいました。すみません。
   追記(1月7日):

    (今、彼らのMy Spaceへ行ってみたら
    その写真じゃなくて
    キッチンの中で撮影したような集合写真に変わっていました。)
     
1曲目のBBBicyclesはモッドな方たちや
ガレージ・ロックがお好きな方たちのクラブ・パーティーにいかがでしょう。
アゲアゲ(はずかし)かつ踊りまくり。
1度聴いたら旋律を覚えてしまうくらいポップかつビートが効いていて
「B-B-B-B-Bonnie!」「B-B-B-Bicycles!」と一緒に歌っているかもしれません。
2曲目には80年代New Waveの雰囲気も漂い、
4曲目のGotta Get Outはモンキーズとビーチボーイズを彷彿させる名曲。
管楽器も入っていて、涙腺が沁みます。
寒い冬にこういう曲を聴くと夏が恋しい。

そしてこれはThe Bicyclesが
子どもたちと両親たちのためのインディー・ロック/ポップス・パーティーで
演奏している映像。
Bunch Rocks! - The Bicycles - "BBBicycle"

アハハ。この光景と空気感、ゆるゆるで楽しそう。めいめいが楽しんでますよ。
やはりお客に子どももいると音量も上げれないしねぇ。
My Spaceで聴くのと全然雰囲気が違っておもしろい。

あ~あ
日本でもThe Bicyclesのアルバムが入手しやすくなるといいんですが、
ねぇ・・・・。

関連
・The Bicycles公式HP(英語)
http://www.thebicycles.ca/index.html
 歌詞やダウンロードのページもあり。
スポンサーサイト
|01/06| 音楽コメント(2)TB(0)
【ぷりん。】
やばい!!
私のツボでした!!!笑
2007/01/07 14:54* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
へへへ、ツボ押しちゃった?
BBBicycleの
「じゃん!じゃん!じゃん!じゃん!
 じゃじゃじゃじゃ~んっ♪」
が耳から離れないよう~。
2007/01/07 17:40* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/293-354cd30e
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。