上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
死者の日関連やメキシコのガイコツは
今まで「未分類」にカテゴライズしていたのですが
これからも増えていきそうに思えたので
改めて「カラベラ・ガイコツ・死者の日」というカテゴリーを作りました。

これはYou Tubeで見つけた死者の日の映像。

Day of the Dead 2006

祭壇にお供えするものや飾りつけそれぞれの意味について
ホセ・フローレスJose Flores教授が説明しています
(英語。アメリカやイギリスの人が話す英語じゃないのでわかりやすい)。

静止画像だとピンとこないかもしれませんが、非常に美しく手のこんだ祭壇と空間です。
こんな祭壇と飾りつけを実際に目にしたら、私はしばらく立ち尽くすことでしょう。
ガイコツの量も多いですが、花やいろいろも含めてとにかく美しい。
そして、どこからどうやって飾りつけを始め
どうやってロウソクに火をつけていったのかしらん。

同時に、こちらの映像の飾りつけには相当なお金がかかっているのではないでしょうか?
これだけのものを用意するにはお金もかなり必要ではないかと。

死者の日が終わったら、この祭壇も解体したんでしょうか。
解体されるのがもったいないくらい美しい。
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/303-9d96464f
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。