上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
数日前、Youthmovie Soundtrack Strategiesが沁みたことを書きました。
その時に
「(年末は)クリムゾンやイーノ先生&フリップ先生、
 My SpaceでEarly Yearsなどを聴いていました」と書いたところ
先日「Early Yearsってどこかで試聴できる?」と聞かれたので
ここに試聴先を貼り貼りしておきます。
私は彼らのアルバムをヘッドフォンでじわーっと聴くのが好きです。

The Early Years(My Space,公式)
  http://www.myspace.com/thesoundoftheearlyyears
The Early Years(公式サイト)http://www.theearlyyears.org.uk/
The Early Years(Beggars Japan、邦盤レーベル)
http://www.beggarsjapan.com/artists/TheEarlyYears/WPCB-10011/index.html
The Early Yearsのインタビュー&試聴2曲(mF247、日本語)http://www.mf247.jp/mfevent/beggars.html

PVは彼らのMy Spaceや公式でも観れますが
ここにも貼っておきます。
The Early Years - All Ones And Zeros


さて、イーノ先生がThe Early Yearsをお気に召していることは存じておりましたが
彼らのMy Space内「The Early Years's Friend Space」にはその証でしょうか。
イーノ先生がちゃっかり1番に鎮座されていました。

そこで私はおもしろがってイーノ先生のMy Spaceへ行ってみたら
イーノ先生はかように自己紹介なさっていました。
   男性、58歳、イギリス
   Status:結婚してます
   Here for: 友だちづくり
   Hometown: Woodbridge, Suffolk, England
   Zodiac Sign: 牡牛座
   Smoke / Drink: はい / はい
   Children: 自慢の子供がいます
   Education: 大卒
   Occupation: Musician, Producer, Thinker
My Spaceは、こういう部分だけ日本語で反映されるつくり。
まぁ。イーノ先生ったらラブリーですのね。
先生に「男性、58歳、イギリス」 「(目的は)友だちづくり」「大卒」「自慢の子供がいます」
「牡牛座」と日本語で言われると困ります。

話が逸れたついでに
Beggars Japanのトップhttp://www.beggarsjapan.com/index2.htmlへ行ってみたら
  「ブライン・イーノ、ルーファス・ウェインライトなどが
   奇才ハル・ウィルナーと組んで生まれた、音楽とアートが交差するコンピレーション」
という心ざわめく告知とともに
20070126212826.jpg  このアルバム
  Plague Songs / various artist
  (WPCB-10020, ¥2,980税込, 2007/01/24 Release)
  がありました。
  イーノとハル・ウィルナーの名前を見ただけでも
  「買うっ!」な気分の私だったのですが
さらに紹介先
http://www.beggarsjapan.com/artists/VA/WPCB-10020/index.html
を見てみると
ブライアン・イーノ・ウィズ・ロバート・ワイアット、スコット・ウォーカー、
ルーファス・ウェインライト、イモージェン・ヒープ等々、
参加ミュージシャンが豪華すぎ。
「これは一体どういうこと?」と思い、コンピレーション盤が由来する
マーゲイト・エキソダスThe Margate Exodus
http://www.themargateexodus.org.uk/home.phpをチラ見してみると
こんな画像がありました(2枚ともwww.themargateexodus.org.uk/より転載)。
margate10001.jpg

margate20002.jpg

一瞬「バーニング・マンか!?」と思いましたが
これは去年の9月にイギリス南東のマーゲイトで行われた
マーゲイト・エキソダスという一大プロジェクトの一環なのでした。

イーノ、ハル・ウィルナー、豪華参加ミュージシャン、
そしてバーニング・マンみたいな写真に目を奪われて
上掲マーゲイト・エキソダス公式サイトをまだちゃんと読んでいないのですが、
もうちょっと気が落ち着いたら読んでみます。
そしてこのプロジェクト、かなりお金がかかってるような気もします。
(イギリスで生活している留学生は大変じゃないですか?)

・・・・・・。
始まりはThe Early Yearsだったはずなのに
イーノ経由でPlague Songs に着地。
相変わらずワサワサしてます。
スポンサーサイト
|01/26| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/309-07188246
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。