上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
2月14日まで渋谷パルコのLOGOS GALLERYにて開催中の
『サラ-ム!イランの絵本とクラフト展』

モルテザー・ザーヘディMorteza Zahediさんと
マルジャーン・ヴァファーイヤーンMarjan Vafaeianさんの絵や絵本
テイムア・サブーリTeimour Sabouriさんの陶芸
イランの日常雑貨などが展示販売されるそうです。
御三方の経歴ならびに紹介、催事の詳細については
こちらhttp://www.parco-art.com/web/logos/salaam/をご覧ください。

イランといえばあの字(右から左へ読むのでしたっけ?お習字もあるそうです)
のほかに
サントゥールや詩、ペルシャ絨毯、ペルシャ錦というイメージが湧いてきます。
それから正倉院の宝物。甘いお菓子(アハハ)。紅茶(食い気に傾いてます)。
あとどこかのお店で聴いたイランのポップス。
とてもおもしろい音だったけど、
ミュージシャンの名前があの字だったのでまったく読めず。
誰なのかいまだわかりません。
それと詩の喫茶店。自作の詩を朗誦する喫茶店があるらしい。

遠い国のことなので知っていることは限られてくるのですが
「イランの人たちは毎日どんなことしてるの?」「何を作ってるの?」
「どんなこと考えてるの?」
「古典ゴリゴリではない今のイランってどんな感じ?」
と気になります。

そんなこともあって上掲のサイトを見てみたら
モルテザー・ザーヘディさん、マルジャーン・ヴァファーイヤーンさん、
テイムア・サブーリさんたちの作品の一部が掲載されていて
とてもイイんですね。
私が持っていたイランの文化に対する固定観念をとっぱらってくれました。
イラストは親しみやすくてポップな印象もありますが、
筆のタッチや空間と色・動き・たたずまいが素敵です。
陶芸もなんともイイ感じ。両手で触ってみたいなぁ。重みとか感じてみたい。

zahedi0001.jpgモルテザー・ザーヘディさんの作品。
「きみにはたった一週間しか時間がないんだ...」
2004年制作 11.3×5.3 
(Parco-art.comより転載)


東京へ足を伸ばしてイラストや陶芸作品に触れてみたいけど行けません。
行かれた方はまた感想をお聞かせください。
とりあえず絵本を注文するだ。

関連
・モルテザー・ザーヘディMorteza Zahediさんの作品が見れるページ
  http://blueblackboard.com/MARJAN%20VAFAIIAN.htm
  こちら↑はモルテザーさんの友人HAMID REZA AKRAMさんのサイトです。
  HAMID REZA AKRAMさんのサイトのトップ↓。
  http://blueblackboard.com/index.htm
  Galleryからハミッドさんの作品も見れます。
  ハミッドさんの作品も素晴らしい。美しい。実物を見たい。
・こちらでもモルテザー・ザーヘディMorteza Zahediさんの作品が見れます
  http://www.parkingallery.com/morteza/07.htm
  私は3番、5番、7番の作品が特に好きです。
・Parking Gallery.com
  http://www.parkingallery.com/
  英語。Amirali Ghasemiさんが1998年に創設した
  テヘランをベースとするインディペンデント・アート・スペース。
  モルテザー・ザーヘディさんのほかにも
  いろんな芸術家たちの作品が見れます。おもしろい。
・マルジャーン・ヴァファーイヤーンさんの
  第14回野間国際絵本原画コンクール入賞作品
  『小さな緑のヤギの足音』の紹介

  http://www.accu.or.jp/noma/japanese/works/2004/008/index.html
・テイムア・サブーリさんの公式サイト
  http://teimour.jeeran.com/Page_2.html
  Galleryに作品の大きな画像が3点掲載されています。
  なんとも不思議でおもしろい。やはり触りたい。
スポンサーサイト
|02/08| 美術コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/320-bfaa0055
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。