上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
インドロッカー・・・・。インドロック。
気になるので調べてみました。
クーラシェイカーやビートルズばっかりで困りましたが

こちら The Story of Indo-Rock http://indorock.pmouse.nl/story.htm によると
オランダでは1959年から1965年にわたって
インド・ロックムーブ・メントがあったそうです。
そしてインドロックとは、
  「ギターを愛し、アメリカのカントリー&ウェスタンやロックン・ロール、
   ハワイアン等も好きだったインドネシア系オランダ人や
   インドネシアから移民してきたミュージシャンたちが演奏した
   インストルメンタル主体のロックン・ロール」なのだそう。
また
  「ギターへの愛はポルトガルの音楽から強い影響を受けた
   インドネシアのクロンチョン音楽経由」
  「ハワイアンやカントリー&ウエスタン、ロックン・ロールは
   フィリピンやオーストラリアをキーステーションとするAFNから聴いていた」
とのこと。んー、まいった。聴いていたものや素養が幅広すぎ。
代表バンドはThe Tielman Brothers, Electric Johnny & his Skyrockets,
The Black Dynamites, The Crazy Rockers, Oety & his Real Rockers, The Javalins,
The Hap-Catほか、たくさんあるそうです。

日本のサイトでインドロックを探してみたら
・歌謡曲黄金時代さん
http://www.pp.iij4u.or.jp/~marukazu/homepage/swingwest.htm内の
  43.2.15「心のときめき」の備考欄に
  「オランダのエレキバンド、ウイリーと彼のジャイアンツの大ヒット・
  インドロック曲の唄入れカバー。」とコメントされています。
・エレキ共和国さん
「山口さんのヨーロッパエレキ・インスト傑作選」内では
http://msato.net/Music/yyeleki.html
  「心のときめき」(ウイリーと彼のジャイアンツ/オランダ)について
  「リード・ギターのウィリー・ウィシンクの弾けるようなギターサウンドは,
  当時インド・ロックと呼ばれた」とありました。
八亀's Pickさんは
http://www.meantime-jp.com/EditorsPick/Yakame/200407.html
  「Teen Time - The Young Years of Rock & Roll Vol.3:
   A Very Special Love (Eric)」CD評内で
  「ブルー・ダイアモンズ(The Blue Aiamonds)のRamonaというシングルが
  日本でも発売されていた」と指摘されています。


インドロックは
Tomorrow Never Knowsやクーラシェイカーなどの
カレー風味なロックじゃないってことがわかりました。
日本ではかなり昔から知られていたジャンルだったんですね。

ちなみにインドネシアには
インドシアール(Indo Siar)という民放局や
インド・ミー(Indo Mie)というインスタント・ラーメンのブランドがあります。
インドネシアでは「インド」という言葉が国としてのインドを指すとは限りません。
スポンサーサイト
|02/17| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/328-a90ca590
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。