上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
数年に1回、無性にピアソラが聴きたくなります。
家族のCDラックから勝手に取り出して聴いていました。

では、相変わらずな写真で失礼をば。


P10100180003.jpg

『リベルタンゴ』 1974年にイタリアで録音。
表題曲の「リベルタンゴ」(ピアソラ自身はのちに「マカロニ・タンゴ」と呼んでいたそう)は
サントリーか何かのCCMで有名になったそうですが
CMのヴァージョンとは異なります。
もう少しのんびりした感じで、
アルバム全体を通じて、70年代ロックのアレンジや音の使い方に近いです。
ちょっと古臭いですが、今回は逆にそれが心地よかったです。
懐かしい感じ。
試聴はこちら
http://www.amazon.de/Libertango-Astor-Piazzolla/dp/B00000I398
(ジャケットは違いますが収録曲は同じです)


P10100140001.jpg
『Guitar Works - Sergio & Odair Assad』
ギターのアサド兄弟がピアソラ作品を演奏する名盤。
ピアソラがアサド兄弟のために作曲したTango Suiteをはじめ、
名曲、名演奏ぞろいで耳を奪われます。
試聴はこちら
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=755925

ピアソラのアルバムはライブ盤なども含めると
かなりの数に及ぶそうです。
私はあせらずにボチボチと聴いていければいいかなぁ。

You Tubeでも探してみました。

Astor Piazzolla - ADIOS NONINO (Live)

ピアソラが亡き父親に捧げた曲。
ピアソラの奏でるバンドネオンも素晴らしいですが
ピアノや低音楽器の響きが気に入っています。


Libertango

これはCMで使われたバージョンなのでしょうか?
当時テレビを持っていなかった私にはわかりません。
ヨー・ヨー・マとの共演。マさんの弓、唄う唄う。
ピアソラの演奏が入るだけで、アンサンブルがこんなに変わるんでしょうね。
ピアソラがいなかったらどんな音になるのか想像してみたり。


Gidon Kremer - BUENOS AIRES HORA CERO (Ending,Live)

ピアソラの『ブエノスアイレス午前零時』
ギドン・クレーメルもピアソラの作品をたくさんとりあげています。
この演奏もカッコイイ!!
彼がピアソラ・ブームに一役買ったことはいうまでもないでしょう。
私はクロノス・カルテットのアルバム『冬は厳しく』で衝撃を受け、
興味を持ったのが最初でした。


Astor Piazzolla - Libertango

Montreal Guitar Trioによる演奏。後半が凄い。
いい演奏です。


・追記(7月7日)
このエントリーをUPした時にもう1枚のリベルタンゴも聴いており、
そのアルバムのCDジャケ画像も撮影してUPしたはずでした。
ところが自分の手違いで全く関係のない画像(自分が撮影した風景画像)をUPしていました。
よってその風景画像は削除し、内容も若干削除しました。
スポンサーサイト
|02/21| 音楽コメント(4)TB(0)
【sirem】
アサド兄弟のTANGO SUITEを初めて聴いたときは、衝撃的だったな。美しすぎて思わず溜息が出る、そんな感じだった。
2007/07/03 22:13* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
siremさん、はじめまして。
私もアサド兄弟のTANGO SUITEを初めて聴いたときは
時間の流れや息をすることを忘れてしまうぐらい
感動しました。今も大好きです。
2007/07/05 00:22* URL* [ EDIT]
【sirem】
突然のコメント、失礼いたしました。
良い曲ばかり紹介されていたので、つい書いてしまいました。
のりりこさんのブログ、たまに拝見させて頂きますね。
2007/07/05 01:06* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
恐れ入ります&ありがとうございます。
ウルサイ音楽もあり、何でもありなんですが、
これからもどうかよろしくお願いいたします。
私もsiremさんのブログを楽しみに拝読させていただきます。
2007/07/05 23:34* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/333-588f1961
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。