上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
今週は寝不足になるくらいDVDをよく観ています。
週の前半に「チャイコフスキー」と「キンキーブーツ」。
火曜日から連日で「ヘアスプレイ」「フリークスも人間も」「エドワードⅡ」「ざくろの色」。

どれもおもしろくて良かったのですが
ざくろの色(The Color of Pomegranates)は大傑作です。
color10001.jpg

監督・原案:セルゲイ・パラジャーノフ
撮影:スゥレン・シャフバジャン
美術:ステパン・アンドラニキャン
音楽:チグラン・マンスゥリャン
ソフィコ・チアウレンが
青年詩人・詩人の恋人・尼僧・
天使の1人4役。
(アルメンフィルム, 1971年)
  (詳細はhttp://columbia.jp/dvd/titles/zakuro/index.htmlを参照)

内容は、1712年に生まれたアルメニアを代表する吟遊詩人
サヤト・ノヴァ(Sayat Nova, Սայաթ Նովա←アルメニアの言葉ではこう表記するそう)
の生涯にオマージュを捧げたもの。
映像詩やコラージュの世界にも属するのかもしれません。
最初から最後までとにかく美しい。何回繰り返して観ても飽きません。
どのシーンもどの構図も絵画や美術を思わせます。
衣装も風景もセットも人物もすべてが幻想的で美しい。

映画中では詩の印象的な朗誦が繰り返されたり
ほんの少し台詞らしきものがある程度で、会話らしきものは殆どありません。
そして風や水の音、環境音、音楽(独自の音楽に加え、民族音楽と思しき音楽と唄も含む)、
さらにパントマイムや断片的な踊りが
非常に効果的かつ印象的に使われています。
視覚部分だけでも凄いのですが、聴覚にも非常に訴えてくる作品です。

さらに衣装はもちろん、教会の内部(イコンらしきものや壁のレリーフ)・
建物の建ち方・じゅうたん・織物・レース・楽器など
すべてに独特の存在感と世界観が満ち満ちていて
(アルメニアのことはよく知らないのですが、ひょっとしたら民俗文化の一端かもしれない)
その調和に圧倒されます。
そして官能美と死の象徴。これには本当に参りました。

何度観ても飽きません。
私のなかではベスト10に数える映画の1つです。
どんな人も必ず観るべき映画です。


なお、映画の一部はYou Tubeで少しだけ観ることができます。
(ただし「映像だけ」と思ってください。音は別物)

これは「ざくろの色」のシーンに、投稿者が別の音楽をつけたもの。
in the limelight



ジュノ・リアクター(Juno Reactor)のPV「God Is God」は
「ざくろの色」のシーンを使ったもの。
Juno Reactor - God Is God

私はジュノ・リアクターもそこそこ好きなのですが、このPVは苦手です。
「ざくろの色」は音楽と音も素晴らしかったので
こういう使い方をされると、映画が殺されてしまったような気がして残念です。
なんてことすんだよー。
スポンサーサイト
|03/22| 映画コメント(2)TB(0)
【ドンキャバ】
お久しぶりです。ざくろの色っていうタイトルがいいですね。チェックしてみます!
2007/03/23 20:16* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
お元気ですか?ほんとに素晴らしいので是非是非チェックしてください。

って、さぁ・・・・。
私、アホみたいに24日付で
ダラダラとリストアップしてしまいましたが、
あんなの読まなくてもぜんぜんOKです。
できればリンク先を見たりせずに、
直接映像をご覧になってください。
2007/03/24 00:16* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/353-ad9e23a0
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。