上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
洋画のほうの「ロッカーズ」です。

レゲエやスカに興味のある人なら観たことがあると思うんですが
出演者たちも音楽も、とにかく豪華でスバラシイですし
ファッションに至っては
カッコイイをヒョイッと超えるヤバヤバっぷり。
それぞれのキャラも緩くてイイですしね。

しかし、仮~に旅行者モードの私が
ジャマイカであんな人たちに会ったとして
絶対、自分から話かけたりできませんな。
背負っているものもそれぞれあるのに、みんなカッコイイから。
ひたすら、話しかけられるのを待ちますわ:笑。 印象的だったのはホースマウスの歩き方。
どうやったらあんな歩き方ができるのか?
いったいどこの筋肉を使っているのか?
骨格が違うのでしょうかねぇ・・・
すんごく個性があってカッコいい。あれは真似できないです。

ホースマウスが大怪我を負って苦境に陥り、
山に住むラスタファリズムの聖者(?)を訪ねるシーンも印象的でした。
私がバリにいた頃、疲労が目に来てしまい
何度か伝統医にマッサージをしてもらって治ったのですが
その伝統医は昼間は公立高校で宗教の授業を受け持っていました。
また彼は治療をしながら、
弱気になったり悩みを抱えている患者たちの相談にも応じ
励ましたり、行動指針を与えたりしていました。
しかもすべて無報酬で。
というわけで、そのシーンを観たときは
お世話になった伝統医を思い浮かべながら
「あぁジャマイカにもそういう人がいるんだ」と思いました。

眉間にシワが寄っている時など「ロッカーズ」は効きます。
「まぁ、肩の力を抜けや」と言われているみたいでオススメです。
スポンサーサイト
|03/24| 映画コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/4-6a4066ec
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。