上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
しばらくして少し頭が冷えてきた私は
「こうなりゃ動かぬ証拠というものをつかんでみよう」と思いなおし、
7月下旬から8月中旬まで毎日、
その人の来た回数や時間帯の統計を取ってみることにしました。

8月に入ってからは酷かったです。
深夜・早朝・昼間を問わず、特に深夜3時台、お昼11時台から2時頃台がピークで
日が経つと1時間に20回以上来ていたりしました。
そして、ついに相手が書き込みをしました。
私の精神状態は限界でした。自分を責める気持ちも頂点でした。

そこで勇気を出して、いろんな人へ相手のことや回数を説明しつつ、
相談してみました。
いちばんよく返ってきた回答は
  ・ストーカーを気にすることはない
  ・大丈夫!(「?」ではない)
  ・何年経っても好かれているから幸せでしょう
  ・ストーカーを無視しろ
というものです。
申し訳ない。慰めてくれたのでしょうが、私は大変傷つきました。
だってそういう問題じゃないから。
この時、自分が感じていたのは恐怖とエネルギーの喪失、自己不信、自責の念です。
そして申し訳ないけど、相手が生霊に思えた。
私に何もやる気を起させなくなるくらい、
相手の行動は私からエネルギーを吸い取る。
とにかく私は解放されたかった。恐怖を感じずに、のびのびとしたかった。

そんなころ、若い頃からお世話になっている旧知の人へ
押しかけで相談してみると
 「相手が妻帯者であろうが教職者であろうが経営者であろうが
  やっていることは異常だ。あなたは自分を責めてはいけない。
  あなたは被害者だ。
  奥さん(相手の奥さんも同じHP制作会社の社員)に
  現状を報告してみてはどうか。
  ただし、奥さんへのメールが相手から読まれないことが条件だが。
  また何かあったら、相談に乗るよ」
と言ってもらえました。その人の言葉を聞いて
 「自分を責めることはないと言ってくれた。
  泣いてたり統計をとっているだけでは何も変わらない。
  とりあえず行動をおこして闘おう」と思えるようになりました。
また同じ日に
 「ストーカーでも、犯罪には決して至らずに
  神経を衰弱させるところを狙ってくるのが
  頭がいいというか、とにかく相手は卑怯者だよ」 
と言ってくれた人もいたおかげで、
いっそう自信と勇気を回復することができました。

そこで速攻でストーカー対策関係の本を
図書館で借りてきて読みました。 
読みながら何度も吐きそうになったけど、
できるところまで自力でなんとかしようと。 
もしもダメだったら、
「また相談に乗るよ」と言ってくれた人に相談すればいいと。

  ストーカー対策の本を読んでわかったことは
   ・自分から相手へ連絡しないこと。
    「やめてくれ」等の連絡や話合いも人にしてもらう。

奥さんへ連絡しようかと思いましたが、やめました。
奥さん宛のメールや電話、手紙も相手に通じるかもしれないからです。
また、ストーカーをこれっぽっちも信用できない私は
申し訳ないけど奥さんのことも信用できない。
ましてや奥さんに会ったこともない。
スポンサーサイト
|06/13| 未分類コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/415-6f8aa018
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。