上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
ボケーッとしていたり、テルミン発売に萌え続けていたので
キーボードを打ち間違えて
「わたし」を「たわし」と打つだろうと思っていたのですが
まだ「わたし」と打てるようです。
そして何から取り上げようかと迷っていましたが
ええい、とりあえず鬼才ジュリアン・コープJulian Cope先生から。

かつてジュリアン・コープ先生は
イアン・マッカロクさんやピート・ワイリーさんたちと一緒に
クルーシャル・スリーThe Crucial Threeというバンドを組んでいましたが、
半年くらいで解散。

次に同じくイアン・マッカロクさんとともに
ア・シャロウ・マッドネス A SHALLOW MADNESSというバンドを組みましたが、
こちらもすぐに解散。

その後2人は別れ
ジュリアン・コープはティアドロップ・エクスプローズThe Teardrop Explodesを、
イアン・マッカロクは
エコー・アンド・ザ・バニーメンEcho & The Bunnymenを結成しました。
(なおイアン・マッカロクはのちに
 「ティアドロップ・エクスプローズはバンドらしいことをしなかった」
 「ジュリアン・コープは嫌い」などと発言)

さて、70年代後半から80年代中頃のバニーズ(Echo & The Bunnymen)の
活躍および活動は興味深いものでしたが、
コープ先生も独自の活動を展開します。
そして83年頃にティアドロップ・エクスプローズを解散したのち、
ソロ活動に進みます。

ジュリアン・コープのソロ時代といえば、たとえばこんな曲。
Julian Cope - World Shut Your Mouth
http://www.youtube.com/watch?v=sa8gYL_SC9o
(embedを拒否していたのでURLを貼りました)
80年代の作品です。この曲、久しぶりに聴いたけどもイイ曲だなぁ・・・。
ポップですね。
当時は聴きやすい、こんな感じの曲をやっておられました。
しかし個性的かつエキセントリックな人というのが、
この映像からもすでに充分染み出ています。

そして、90年に入ってから発表したこのアルバム。
jehovahkill.jpg 『エホヴァキル』 
2枚組み。音は今でいうところのポスト・パンクというか
オルタナティブ・ロック系の音かなぁ。
World Shut Your Mouth等とは曲調がコロリと変わっています。
地球環境や動物問題をはじめ、いろんなテーマも盛り込まれていて、名作。
試聴はこちら↓
http://www.amazon.co.uk/Jehovahkill-Julian-Cope/dp/B000001DX9/ref=sr_1_21/026-2572692-2490813?ie=UTF8&s=music&qid=1190901569&sr=8-21
いいですよねー。たしか数年前にリマスター盤も出たらしいです。
買い直さなきゃなぁ・・・。

というふうに、彼は音楽表現の幅が広くてユニークな人です。
(たぶん、こんな手抜きすぎる説明を知ったら、ジュリアン・コープ本人は怒ると思う:笑)
私はけっこう好きで、ちょこちょこ聴いていました。
スポンサーサイト
|09/28| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/463-6a2eb6b5
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。