上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
今年も来月の11月23日~25日の日程で
第14回大阪ヨーロッパ映画祭が催されます。

第14回大阪ヨーロッパ映画祭(公式) http://www.oeff.jp/
                          ↑(音が出るので要注意)
20071011225825.jpg
(画像は上記公式より転載)

今回、楽しみにしているのはアレクサンドル・ソクーロフ監督の作品。
『太陽』『牡牛座 レーニンの肖像』『モレク神』の3作品とも是非観たい。

そしてベルギーの子供映画特集。5本が上映されますが、そのうち
20071011233222.jpg
『メリのことば』↑(画像は公式より転載)は
http://www.oeff.jp/1070-Belgium-Kids-Make-Films.htmlで観れます。
前半は擬音が主体で、後半から言葉が使われており
(当日はすべて日本語吹き替え)
絵はおもしろいし表情も豊か。メッセージや主張がくっきりと現れている。
いやはや、まったく見事な出来ばえ。
「いやぁー良かったなぁ」と思い、そこで初めて公式の解説を見てみると
 『子供映画特集は
  ベルギーの教育機関「Camera Enfants Admis(CEA)」が主催する
  子供たち対象のワー クショップで、
  現地の子供たち自身が制作した短編アニメーション5本を上映。
  子供たちならではの柔軟な発想と、
  大人も思わず引き込まれるメッセージ性の高い作品が揃いました。』
なんと、子どもたちが作ったんですか。
うーん、すごいなぁ・・・。
解説のとおり、オトナも見事にしっかり引き込まれてしまいましたよ。
残り4本も楽しみです。

もちろん、オールナイトパーティーのラインアップも気になるし
スウェディッシュ・ドックス(ドキュメンタリー)も楽しみ。
今年はできるだけ時間を作って、できるかぎり観たいです。
スポンサーサイト
|10/11| 映画コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/472-2e1679d2
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。