上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
ちょっと事情があって、日本画用のチューブ入り絵具を買いました。
色は「胡粉」と呼ばれる白色です。
しかし絵を描くのに使うわけじゃないです。何に使うかはゴニョゴニョ。ひみつ。しーくれっと。

買ったのは、日本画の材料を売っている画材屋さんです。
そのお店ではたまに和紙や文香を買うくらいで、絵具を見ても「キレイだな」という印象ぐらいしかなかったのですが、今回チューブ入り胡粉を買い求めるにあたり、お店の人が「本来の胡粉は貝殻から作るんですよ」と説明してくれました。ああ、なんてステキなんだ。浪漫を感じる。だめだ・・・。
結局、チューブ入りとは別に本物の胡粉も買ってしまいました。
本物の胡粉を持っていても、私は絵を描かないというのに。どうすんだろ。

さてお店からの帰り道。
しばらくしてから、日本画は鉱石から作った岩絵具や、土から作った水干絵具、動物のゼラチン質である膠など、ケミカルではないものを絵具として使用していることも思い出しました。
そんなことを思い出すと、いっそうダメの加速度が進みます。そこらにある土で絵を描いたり字を書いたりできないものかと1人で悩むこと悶々。

そして帰宅するや、頭の中を占めていた「土で絵、土で字」をキーワードにネットで調べてみたら、あったよ!!!あったー!ありましたよー!!!すばらしいサイトが。
その名も 『日本中の土で絵を描きたい』 うほうほうほ。
土を舐める人を知っていますが、私も舐めるように隅々までサイトを拝見させていただきました。
もう、たまらない。私でも土で字が書けるかもしれない。

特に上掲サイト内の 『いろんな場所の土』、こちらは眺めているだけでも美しいです。
こんなに土にもいろんな色があったとは・・・・・もう、こんどから絶対、他所の土地へ行く時は土を採集したい。もしくは他所の土地の人に「土ちょうだい」とせがんだりして。
そして私の場合は字を書くのですが、まず手紙やハガキの類から始めると思います。
メールで済ませられることでもわざわざハガキで出したりして。
スポンサーサイト
|01/12| 美術コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/489-03e85b68
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。