上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
Amy Engles(エイミー・エングルズ)さんの映像作品
『When I Found The Knife Again』が素晴らしい。
『When I Found The Knife Again』
スウェーデンの兄妹エレクトロ・ポップデュオThe Knifeのために作られたショート・フィルム、
つまりEPK(=Electronic Press Kit)。

ないふ1-100010001ないふ3-300030003

ないふ2-200020002


ディレクターのエイミー・エングルズさんは Leech姓の2005年に、
The Knifeが主催した『When I filmed The Knife』というビデオ・コンペティション
(MTV主催のコンペティションという説もあり)で優勝し、
それがきっかけでThe Knifeからアルバム『Silent Shout』リリース時にEPKを依頼され、
『When I Found The Knife Again』を作ったのだそう。
そのストーリーは、
「仲間の1匹がかつて耳にした音楽を求めて、みんなで未知の国へ向うのだけれども・・・・・。」
ということにしておきます。
英語ですが、眺めているだけでもストーリーは把握できると思います。

では、どーぞ。

The Knife - When I Found The Knife Again (2006)

「書類の字がわかりずらい」or「もっと鮮明な映像で観たい」という方は
videos.antville org. 『When I Found The Knife Again』のリンク先でダウンロードしてください。

なお、 『When I Found The Knife Again』
やはりThe KnifeのEPK『WHEN I FOUND THE KNIFE』にインスパイアされたもので、
その続編となるそうです。
『WHEN I FOUND THE KNIFE』も素晴らしい作品ですので、どうぞ。

WHEN I FOUND THE KNIFE (2004)

『WHEN I FOUND THE KNIFE』を初めて観たとき
映画『ドニー・ダーコ』に共通する感覚を呼び起こされ、ディレクターを調べてみたのですが
よくわかんないんだなぁ・・・・『WHEN I FOUND THE KNIFE』のディレクターは。
ストーリーはFrau Rabid、アニメーションはVardagということぐらいしかわからない。

スウェーデン語がわかればFrau RabidVardagThe Knifeについても、
もっともっと情報が得られるはずですが、
スウェーデン語はまるっきしチンプンカンプンです
(スペイン語もできるようになるとカラベラやメキシコのガイコツも、
もっと理解を深めることができるのでしょうが、今はスウェーデン語もスペイン語もだめ。
そんな時間はないし、頭も限度オーバーになるにちがいない)。
日本にThe Knifeのリリース会社はないうえに、雑誌等のメディアではほとんど触れられず。
自力で調べるしかないわけですが、それも難しい。
まぁ、そんなボヤキはさておき
話は戻って、エイミー・エングルズさんの受賞作品はこちら。

The Knife - Rock Classics

ビザールという言葉がふさわしいのかも。とても不思議な雰囲気の作品。
The Knifeの不気味で奇妙な持ち味もよく出ています。

話は少しずれます。

今日とりあげた3作品は「動物」が共通していますが、
全くの可愛くて心暖まるような動物ではないところがポイントですね。
2本の『When~』に登場する動物はそこそこ可愛いくて行動的であるにもかかわらず
ヒヤリとした冷たさが少しありませんか?
たとえば『When I Found The Knife Again』のウサギがたまに見せるリアルな表情や
書類にサインしたあとの表情、
『When I filmed The Knife』の「2匹の猿がいた」というくだり等。
『Rock Classics』では可愛い顔をした動物のかぶりものをかぶっているのに、中身はアレですしね。
3本とも「動物=ベタベタに可愛い」という扱いではないのが良いです。


関連
Amy Engles さんの略歴
 英語。下から5番目。日本滞在経験もあり。
BBC - Film Network 『When I Found The Knife Again』
 英語。 『When I Found The Knife Again』の短いバイオがあり。
Amy Engles/黒・赤・白・青の4色の豊かな色彩美 @TOSHIBA Channel, You Tube
  エイミーさんはSIM「TOSHIBA」映像祭(映画祭)に
 『黒・赤・白・青の4色の豊かな色彩美』という映像を出展されていたのですね。知らなかった。
 About This Videoに東芝さんによるエイミーさんの紹介文あり。

The Knife(公式)
 英語。
The Knife@Wikipedia(英語)
 現在The Knifeは3年間の活動休止中。
『Silent Shout』試聴@タワー・レコード
Interview: The Knife@Pitchfork(2006年7月24日 英語)
 兄ちゃんは『Silent Shout』制作時に、映画『ドニー・ダーコ』に影響を受けたらしい。
 また兄ちゃんは妹が歌う歌詞の意味がわからないらしい。

Rabid Records(公式)
 The Knifeの所属レーベル。
You TubeのFrau Rabidのページ
 Frau RabidThe KnifeとともにRabid Recordsを運営。
 Frau RabidのページにUPされている映像もユニーク。
スポンサーサイト












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/502-4b38f32c
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。