上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
さきほど、せっかく打った内容が当方のミスで消えてしまいました。
「久しぶりにまとめて打とうとするから、こうなる」
軽く落ち込みましたが、落ち込むならばさっさと打ち直すことにします。

私はスウェーデンのThe Knifeが好きで、
以前からインタビューもちょこちょこ見ていました。
そこで、私の検索能力はつたないものですが、
ここに彼らのインタビューを挙げておきます。
と、その前に、もう一度気分をアゲなくては。

まずはThe Knifeのアルバム「Silent Shout (Deluxe Edition)」のトレイラー
(by Andreas Nilsson )
Knifespot

このトレイラーにはノスフェラトウ、カリガリ博士といった
ドイツ表現主義の雰囲気が漂っており、
ドイツ表現主義好きの私には
それだけでももうドキドキしてタマラナイものがあるのですが
本編のAn Audiovisual Experience DVD が、とにかくすばらしい。
後述のインタビューで
Andreas NilssonさんがLiveの映像(← 「An Audiovisual Experience」)を
担当した経緯についても触れられています。
楽曲も素晴らしいのにLive(An Audiovisual Experience)も素晴らしいですよ。

ちなみにアルバム「Silent Shout (Deluxe Edition)」は
 1.Silent Shout CD
 2.An Audiovisual Experience DVD +
     11 Clips of Music Video(include Short Film)
 3.Live Audio CD
という3枚組みで、せいぜい高くても3000円台前半。
どこかで見かけたら、ぜひどうぞ。

というわけで、また話がずれてしまいましたが
The Knifeのライブ(An Audiovisual Experience)映像を少々ご覧ください。


・The Knife - Live - From Off to On



・The Knife - Live - Forest Families



・The Knife - Live - Kino



・The Knife - Live - Silent Shout



ああああ、スバラシイ。またDVDを見たくなってきました。
しかしそんなことをすると
またこのエントリーを間違って消してしまいそうになるのでガマンします。

では本編のインタビュー文です。

The Knife: Swedish purveyors of alien synergy
   イギリスのDrowned in Sound .com掲載。
   デラックス・エディションのリリースにあわせて
   インタビューをおこなった模様。

The Knife - Swedish duo hoping to cut it in synth-pop world 
   Indie London.co.uk掲載。
   これもなかなか興味深いインタビューです。

Interview: Karin Dreijer Andersson on ‘Silent Shout’
   Daily Californian掲載。カリンが答えています。

interview: The Knife thoughtful electro pop
   M station org掲載。わりと短いインタビュー。

The Knife: The MusicSnobbery.com Interview
   Music Snobbery掲載。
   「中東の音楽とジプシー音楽に影響を受けた」と語っています。
   ふぅむ、やはりそうだったのか。

The Knife Biography
   オフィシャル・バイオグラフィー。

The Knife interview
   Contact music掲載。カリンが答えています。

The Knife : From Studio To Stage
   Podbop掲載。
   An Audiovisual Experience(Live)をおこなう経緯について語っています。

番外編

Video Interview with The knife(2006)
   Lowlandsフェス出演時のもの。

・NYNOISE.TV | mc steinberg interview- THE KNIFE

   ホテルのシャワー・ルームでインタビューを受ける2人。

・The Knife-interview in Headspin to Backspin

   何語なんだろう?スウェーデンの言語っぽいです。


各インタビューの内容をかいつまんでお伝えすることができればよいのですが
なにぶん読んだのがちょっと昔ですので、そのあたりはお許しください。


・関連
Andreas Nilssonさんの公式サイト
スポンサーサイト
【izabella】
ご無沙汰しております。
分かりやすいまとめ、ありがとうございます。何度も重ねて「ダンス・ミュージックではない」と言っていたのが印象に残りました。僕が彼女らの音楽を最初に耳にしたのはクラブだったので(w

DJ coolofのmixも良かったですよ。ご存知かもしれませんが、彼のインタビューです。
http://www.residentadvisor.net/feature-read.aspx?id=749

fever rayの新曲がようやくmyspaceで聴けるようになり、2009年まではやる気持ちが抑えられるかどうか…。
2008/11/13 03:13* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
こちらこそ、ご無沙汰いたしております。
夏から忙しくしており、こちらは1ヶ月に1回という更新ぶりなのに、
忘れないでくださってうれしいです。

たしか私がThe Knifeを知ったのはvodeo antville.orgさん経由です(笑)。
PVも音も素晴らしくて、あの衝撃度ったら、ここ数年はなかったです。
えぐられて揺さぶられて今に至っています。

fever rayの新曲もやみつきです。
我慢できずにSubscriptionの登録も済ませました。
izabellaさんと同じく、2009年が待ち遠しいです。

DJ coolofさんのインタビュー、ありがとうございます。
2008/11/13 23:34* URL* [ EDIT]
【マシュウ】
はじめまして、The Knifeの検索でたどり着きました。
国内では情報がほとんどないみたいですが、ここはたくさんエントリーがあって嬉しいです。
WikipediaによるとKarinさんが1975生まれ、Olofさんは1981生まれだそうで、Olofさんはまだ27,8歳というのに驚きました。
ブログ頑張ってください。それでは
2009/04/09 17:14* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
マシュウさん、お越しくださってありがとうございます。最近は忙しくてKarinさんのプロジェクトFever Rayを追いかけるのもままならない状態ですが、もう少し落ち着いたら追いかけます。
The Knifeが、なぜ国内の音楽雑誌では取り上げられないのか不思議です。最近出版された『北欧Pop Map スウェーデン編』(クッキーシーン編集・ブルースインターアクション発行)http://www.bekkoame.ne.jp/ha/p-market/popmap/に掲載されたも、わずか2ページくらいで悲しくなりました。こんな拙ブログですが、どうかよろしくお願いいたします。
2009/04/10 02:27* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/521-4773f10c
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。