上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
20060514172320.jpg

ともだちの子どもに教えてもらった絵本
『ネコのタクシー』南部和也:作 さとうあや:絵 2001年 福音館書店
http://www.fukuinkan.co.jp/bookdetail.jsp?goods_id=1085

美しい猫や可愛い猫・性格の良い猫や恥ずかしがりの猫だけではなく、
大変ブサイクな猫やフテクサレ猫・おバカ猫
エゲツナイほど性格の悪い猫も愛していまう私。
それは猫好きのサガなのかもしれません。

この本に登場する猫は
とても性格が良くナサケ深い勤労猫です。
毎日勤労してお金を稼いできます。
滅多にいないですよ、こんな猫。

まぁ、たまにゴキブリや昆虫の死骸・ネズミの死骸等を
寝ているニンゲンの枕元に並べてくれる猫がいますが
あれも勤労の一種でしょうか。
でもいつもとは限らないし、
ニンゲンの視点に立ってみると・・・・ん?

あっ、前言訂正。いますね、勤労猫。
東照宮の左甚五郎作『眠り猫』です。しかも国宝。
・ねずみ一匹たりとも通しません
・禅問答の真っ最中
・裏の雀と対で「牡丹の花の下で寝ている」
   →追っかけない→安定と平和
等々いろんな隠密を帯びて勤労しているそうです。
ただし彫り物だから、やはりちょっと違いますか・・・。

コホン。
話がずれてしまいました。スミマセン。
主人公のトムはとにかく働き猫です。
著者が猫専門のお医者さんなので
猫の生態や癖もよく表現されています。絵も可愛いです。
子どもはオモチャで遊んでいる時に自分でお話を作ってくれますよね?
ストーリーはそんな感じで、大人も楽しく読めます。

私が気に入ったのは次の文章です。
『タクシーに乗りたいネコは、お金をひろって、
 用意して待っています。 
 ネコたちにとって、いままでお金なんて、冷たくてかたくて、
 へんなにおいがするだけで、なんの興味もありませんでした。
 でも、1ポンド硬貨のおちている場所は、知っていたのです』
ネコは本当によく知っていますからねぇ。知らないフリもしますし。

追記:犬も好きです。
スポンサーサイト
|05/14| コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/64-75fa094f
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。