上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
変わった実ですね。
citrus_buddha0001.jpg


チリの一種にも見えますが、これは柑橘類の一種です。
仏手柑と書いて「ぶっしゅかん」と読みます。
英語圏でも'Buddha's Hand' Citronと呼んでいます。
仏陀が手を合わせているかたちに似ているところから
仏手柑と名づけられたそうです。
スダチの一種にも仏手柑と呼ばれるものがありますが
それとは別種です。

先日お茶菓子に、仏手柑の砂糖漬けをいただきました。
高野山の「かさ園」という和菓子屋さんで入手されたとのこと。
日本茶とよく合う香り高い風味。おいしかったです。
中国では薬としても用いられるそうです。
また美術品や茶道具にも
仏手柑のモチーフがよく使われるそうです。
砂糖漬の画像を取りたかったのですが
「撮れば良かった」と気づいたのは食後。あ~あ!

日本では主に和歌山県で生産されています。
生食には向かないそうです。
いつか高野山へ行かれたら、仏手柑の砂糖漬を試してみてください。
スポンサーサイト
|05/26| 食べ物コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/66-972c17a0
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。