上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
忙しくしていますが、元気です。
先日、歌手の方や日本伝統芸能の方たち、
馬頭琴を演奏するモンゴルの男性とご一緒しました。

ゲールという民族衣装を着たモンゴルの男性は日本語が堪能で、
オルティン・ドー(モンゴルの民謡)やホーミーに始まり
モンゴルの叙情詩『ゲセル・ハーン物語』や『ジャンガル』に至るまで
空いた時間にいろんな話をしてくれました。
そして詩の朗誦が盛んなのだそうです、モンゴルは。

私は昔、『ゲセル・ハーン物語』も『ジャンガル』も
東洋文庫で読んだのですが・・・・
うぅぅぅ、モンゴルでそれらの朗誦を聴いてみたい。
言葉はまるっきしわからないけど。

さいきん、語り物や伝統文学の朗誦に関心があります。
日本ならば、たとえば平家琵琶。
「文字ではなく耳から始めに物語を受け止めてみたい」欲求が
湧いてきました。
もちろん文字は文字で好きですし、読むことも好きですが
「聴覚から感じること」に興味があります。

さて、HideさんのBlogで
http://hidemuzic.typepad.com/hidemuzicblog/2006/05/ramblin_jack_el.html
今年75歳を迎えるRamblin' Jack Elliottの新譜『I Stand Alone』が
リリースされることを知りました。
フリー(RHCP)も参加しているそうですが
私はRamblin' Jack Elliottの世界そのものに興味があります。
スポンサーサイト
|05/21| 音楽コメント(0)TB(0)












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/76-a1cf9eb8
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。