上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
metal_a_headbangers_ball.jpg

映画『メタル・ヘッドバンガーズ・ジャーニー』
http://www.metal-movie.com/
監督/脚本/製作=
サム・ダン、スコット・マクフェイデン、ジェシカ・ジョイ・ワイズ
6月24日より渋谷シネ・アミューズ他にて公開。
カナダの映画祭やアメリカのSXSWでも上映されました。
アメリカではDVDもすでに発売されてます。

公式WEBの紹介によると
「なぜ"メタル"は毛嫌いされるのか? その瞬間に、1人の男が立ち上が った。"鋼鉄の音"と呼ばれたルーツが、今明かされる」
「30歳の人類学者、サム・ダンは筋金入りのメタル・ファン。
 長年にわたり文化の多様性を研究した経験を活かし、
 メタルの聖地であるL.A.北欧、ロンドンなどを訪れ、ロブ・ゾンビ、 ロニー・ジェームス・ディオ、モーターヘッド、スリップノット、
 スレイヤー、トニー・アイオミ(ブラックサバス)などの重鎮に次々と 体当たりで取材を敢行しそのルーツに肉迫する。
 世界各国にいる同志、評論家たち、そして自らの尊敬するヒーローと 会い、メタルとセクシャリティや宗教、社会との強い結びつきを改め て思い知らされるサム。」とのこと。

メタル好きの人類学者の監督が
「セクシャリティや宗教、社会との強い結びつき」
「L.A.北欧、ロンドン」に関心を抱くならば
70年代80年代の黒魔術やグルーピー等の動きも
映画で取り上げているのではないかと思います。
さらにアメリカでは90年代以降、
福音派メタルやクリスチャン・メタルも登場してきました。
ひょっとしたらそれらも取り上げているかもしれませんね。
まだ見ていないからあくまでも予想ですが。

(ちなみにアメリカでは90年代以降、
メタルだけではなくスカやラップなどあらゆるジャンルに
福音派が登場しています。
福音派ラップ・スカ・ロック・メタル等については 町山氏の↓を
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/20041109
アメリカの クリスチャン・ロックについては
『時計仕掛けのグランジ』さんの↓を
 http://969work.com/review/text.cgi?command=viewres&target=114
是非ご一読ください。
日本では存在や動向をあまり知られていないと思います)

なお、この記事(英語)によると
http://www.kansas.com/mld/kansas/entertainment/14641817.htm
90年代初期のノルウェーで
悪魔崇拝や反キリスト教を掲げたブラック・メタルの動向についても、映画では取り上げているそうです。

音楽や芸能は美しく楽しいだけではなく、
宗教や社会・政治とどこかで結びついていて
悲しい歴史や辛い事実を背景に抱えていることがあります。
この映画には大物のインタビューや証言もあり
メタル・ファンにとってはうれしいかもしれませんが、
ひょっとすると普段は知らされない背景も見せつけられ、
いろんなことを考えさせられる映画なのかもしれません。
大阪で上映が決まったら、観にいこうと思います。

サム・ダン監督のインタビュー(英文)をいくつか見つけたので
「続きを読む」に挙げておきます いずれも長文なので、まだ読んでいません。
http://www.metal-observer.com/articles.php?lid=1&sid=4&id=9468
http://www.tartareandesire.com/interviews/samdunn.html
http://www.filmthreat.com/index.php?section=interviews&Id=1073&archive=&match=&page=0
スポンサーサイト
|05/25| 映画コメント(6)TB(0)
【doncaballero】
これ面白そうですね。
見に行ってこようとおもいます。実は僕もデスメタルとかはだめなんです。オジー、サバス、AC/DC、トミー・ボーリンとかは好きなんですが。
2006/05/25 17:41* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
私もデスメタルだけは全く受けつけずダメです。何が何やらまったくわかんなくて。

この映画は1人で見に行くつもりです。過去にピストルズを知らない友人を誘ってNo Futureを観たときはすごく感動してくれましたが、今回はメタルに関心のない友人や知人を誘うと映画を観たあとで沈黙が流れそうな気がするので。
2006/05/26 01:27* URL* [ EDIT]
【doncaballero】
そうですね。一人のほうがいいかもしれません・・・。

時計仕掛けのグランジ、町山氏の両サイトをよませてもらいました。クリスチャン・ロックは名前だけしっていたという状況で、非常に興味深いですね。

実はメディア関係をイギリスで勉強する予定なので、また何かあったら紹介してください。


2006/05/26 19:18* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
メディア関係を勉強されるのですか。

実は今日、第2次世界大戦中のインドネシアにおける日本軍の文化政策(軍宣)や残留邦人(残留兵)について、通訳をしている友人から話を聞いたところです。
友人は「日本ではそういう歴史や事実を知らない役人も多いので困る」と嘆いていました。

戦争では音楽や絵画、文学が文化政策として利用されることが多いです。作った人や表現者の意向をまったく無視して使われることもあります。しかしデリケートな話かつ、また資料が少ない(というか観ることができる人は限られている)ので、あまり語られにくいのが現状かもしれません。

湾岸戦争の時にアメリカ空軍のパイロットはクラッシュのロック・ザ・カスバを大音量でかけて最初の攻撃をおこなった、という話も聞いたことがあります。

ブルース・スプリングスティーンは自身の曲がまったく違った意向で使われて、傷ついたんですよね。

メディアからズレた話になってしまいました。すみません。
2006/05/26 21:18* URL* [ EDIT]
【doncaballero】
いえ、とんでもないです!

ついこないだもヒースロー空港でロンドン・コーリングを聞いていた人が逮捕されたようですね・・・。うーむ。

報道にのらなっかたニュースとしてhttp://tbs954.cocolog-nifty.com/st/2006/05/516_7b64.htmlが面白いです。

ちなみに僕は主に出版関係の特に文学、音楽関係を専攻する予定です。
2006/05/27 21:32* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
見当ちがいだったらすみません。
ひょっとして「踊らされちゃいけない」のメディアリテラシーやマスメディアを研究されるのでしょうか?

話はずれますが

かつてアンソニーはインドネシアでRHCPの曲が流れていたりコカコーラがあったりでアメリカ文化の進出に幻滅を感じたそうですが、MTVは都会ならば普通に街中で観れますし、全国放送の民放局はCMの空いた時間にUKやUSAのラップやロックのPVを流しています。そんなわけで、オジチャンやオバチャンたちの年代でも洋楽をなくとなく知っています。洋画は日本よりも先に公開されることがあります。
意外かもしれませんが、日本よりも先を行っている部分があります。
日本ではまず民放でPVを普通に観ることができませんし。

教えていただいたリンク先、見に行ってみますね。
2006/05/27 23:16* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/78-f7fc9344
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。