上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
美術や建築でも、出版社のバウハウスでもありません。
音楽のバウハウスです。
再結成後、現在は世界中をツアーしているそうですが
私は解散するまでのバウハウスが好きでした。

初めて聴いたのは高校生の頃。
その後、同級生たちにも広まり
「ピーター・マーフィーが好き」と女子が言えば
「ダニエル・アッシュさいこー」と男子が返していました。
私はどちらにも与せず、アルバムを聴いていました。

彼らオリジナルの曲も大好きですが、
Third Uncle(Brian Eno)、Telegram Sam(T.Rex)
Ziggy Stardust(David Bowie)といったカバーも秀逸です。
ちなみにイーノ先生ご本家のThird Uncleでは
ロバート・フィリップ先生が壊れていまして、すごいです。

そして音も良いけど、PVもバウハウスは素晴らしかった。 当時ライブハウスやテレビで彼らのPVを観るたびに
ライティングやコントラスト、光と影、緊張感、
わざと粗くした画像・・・etc
映像の1シーン1シーンに惹きつけられました。

並行してどこかで「バウハウスのPVはドイツ表現主義」と知り、
そこから『カリガリ博士』『吸血鬼ノスフェラトウ』等を
安い映画館で繰り返し観るようになったのでした。
当時の私にはわけがわからなくても、それらは美しかった。

バウハウスがドイツ表現主義の存在を高校生に教えてくれたのでした。
ポール・デルヴォーの存在もバウハウスが教えてくれました。
ありがたいことです。

ということでYou Tubeからです・笑。
She's in Parties
http://www.youtube.com/watch?v=-VyWNDxQQxM&search=Bauhaus

Telegram Sam
http://www.youtube.com/watch?v=9JUeAQ_urW4&search=Bauhaus

The Passion of Love
http://www.youtube.com/watch?v=FJdZzN-Nj9w&search=Bauhaus

Ziggy Stardust
http://www.youtube.com/watch?v=eE24VBf73tw&search=Bauhaus

↑の中では
She's In Partiesの
冒頭からピーター・マーフィーのアップに至るところが大好きです。

『カリガリ博士』他は高いけど(今も売っているのかな?)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=4802

当時のドイツに関しては
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya1027.html
昔、読みかけてほったらかしだわ。
スポンサーサイト
|03/31| 音楽コメント(2)TB(2)
MAN
ボクはMaskだけ持ってますけど、いま聴いてもカッコイイですよね◎
2006/03/31 22:08* URL* [ EDIT]
【のりりこ】
>MANさん
MASKも名盤ですね。NWリバイバルと言われて久しいですが、バウハウスの実験性等を継承してくれるNWリバイバルなミュージシャンはいないかなぁ。
2006/04/02 00:18* URL* [ EDIT]












 管理者にだけ表示を許可する

http://desakalapatra.blog50.fc2.com/tb.php/8-e4dda47b
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
トラックバック
【バウハウス】について
バウハウスバウハウス(Bauhaus)は、1919年、ドイツヴァイマル(ワイマール)の地に設立された美術(工芸・写真・デザイン等を含む)と建築に関する総合的な学校である。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。「バウハウス」はドイツ語で「建 学校便覧[2007/02/10 06:04]
トラックバック
バウハウスについて-魅惑の世界遺産
バウハウスバウハウス(Bauhaus)は、1919年、ドイツヴァイマル(ワイマール)の地に設立された美術(工芸・写真・デザイン等を含む)と建築に関する総合的な学校である。また、その流れを汲む合理主義的・機能主義的な芸術を指すこともある。「バウハウス」はドイツ語で「建 魅惑の世界遺産[2007/02/11 09:41]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。