上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
昨日、船場をたまたま歩いていて、カラベラのオフェレンダを捕獲しました。
しかもバーゲンで。まさかバーゲンでカラベラを入手できるとは思いませんでした。


これがそのオフェレンダです。
カラベラのオフェレンダ

CDケースを一回り大きくしたくらいの大きさで、奥行きは5cmくらい。

祭壇はこんなかんじ。
祭壇

お供えのミニチュアが細かく、かわいい。マリーゴールドの花やガイコツもしっかりあります。壁にかかっている十字架はスパンコール製(微笑)。また、グアダルーペのマリアのポスターも壁に貼られています。

ケータイで撮影したうえに、ちょっとわかりにくいですが
これは右側のガイコツ男性と、その奥にかかっている時計。
時計とガイコツ



そして同じくバーゲンで、『死者の日』の飾りつけに用いる切り紙も確保。
こちらはそのうちの1枚。グアダルーペのマリアがモチーフです。
切り紙



ふだんバーゲンなんて興味がないし、自分の服は一枚も買わずにガイコツを買う私。「この調子じゃ女子失格」と思いましたが、メキシコのガイコツはやめられません。同じお店でバーゲン品ではないガイコツも捕獲。
バーゲン品ではないガイコツ


けっこう遊べますよ。こうやってポーズもとれる。寝転がってテレビ観ているみたいでしょ。
ガイコツ寝転がるの図



本当はもっと買いたかったのですが、ガイコツ入りの袋を大事に持って道を歩いている自分はアホの子に思えたので我慢しました(しかも昨日はお気に入りのガイコツ模様の傘もさしていたし)。赤信号で止まっていた時はガイコツが気になって気になって、コッソリ覗いていたし。

昨日私がメキシコのガイコツ買ったお店は、船場センタービルの1号館から3号館の地下1階で展開されている「舶来マート」というモール内の、「志成販売」です。2号館の地下1階でした。ふだんは一般の人に販売しているのかどうかわかりませんが、昨日は買えました。
船場センタービルHP
志成販売HP
今日、『インカ・マヤ・アステカ展』のお土産をいただきました。

20070913190324.jpg


メキシコは厳密には北米の区分に入るそうですが、
インカ・マヤ・アステカといえば
メキシコのガイコツ(=カラベラ)にとっても懐かしいかもしれない。
そこで、わざわざ遠い日本へやってきたカラベラに
マチュピチュを見せてあげることにしました。


これは車を運転して旅行中のカラベラ・カップル。(ピンぼけゴメンナサイ)
20070913190548.jpg



マチュピチュを見せてみたところ、感動しているように見えました。
20070913190847.jpg



マチュピチュにしぴれるカラベラ・カップル。
20070913191046.jpg



せっかくなので
他のガイコツも呼んできてマチュピチュ山フェスをおこなってみました。
20070913191206.jpg
マチュピチュだもんなぁ、盛り上がっている様子。
ガイコツもフェスはやはり海や山がイイみたいです。


ちなみに右端のカラベラの本職は、このとおりミュージシャンなのですが
20060814154557.jpg 20060814154647.jpg


20070913192308.jpg  撮影する向きを変えて、
  もう1つガイコツをあしらうと
  水を販売しているガイコツに見えます。



そしてこちらはお立ち台のガイコツ犬。
もしくはイギー・ポップのステージに上がってしまった状態のガイコツ犬。
ドラゴンドラから見たところということで。
20070913192715.jpg



20070913193104.jpg ふだんのガイコツ犬は
 こんな感じ。



RさんYさん、今日だけでもこんなに楽しませてもらいました。
ありがとうございます。

関連
・『インカ・マヤ・アステカ展』 http://www.3bunmei.jp/
・・・・なぜにこのような静止画像になるのか。

The funniest of street performers


静止画像からは信じがたいですが、You Tubeで見つけた踊るガイコツ。
ロケンローに合わせて踊ります。
とても芸が細かく、表情も豊か。
あやつり人形師の芸に感服。しかもカワイイ。
ポチッと再生ボタンを押して、見てみてください。
カラベラ(ガイコツ人形)を頂きました。うっひゃひゃー。
これがまた、すんばらしい!!

P10100170001.jpg
ボケボケ写真になってしまいました。すみません。
楽団です。マリアッチかなぁ?
左から順に
ギタロン、バイオリン、トランペット、ビウエラもしくはスペイン・ギター、バイオリン奏者。
ソンブレロもかぶっています。

カーテンをひいて、電気も消して撮影してみました。
P10100350002.jpg
ぬおっ、妖しくもすばらしい!!R&Bかエンターテイメント・ショーの趣きが。
背景のスパンコールが、ここぞとばかりに威力を発揮しています。
ガイコツとスパンコールの絶妙さ。嗚呼・・・・ゴージャスでカワイイ。
メキシコの人たちの感覚はすごいなぁ。惚れ惚れ。


午後からは用事があったので、
さっそくカラベラ楽団とともにお出かけしました。

近所のおばちゃんちのグリーンとともにケータイで撮影。
200705111430001.jpg
ガラスも太陽の光を浴びて、なんとなく癒し系。
水族館っぽい雰囲気になりました。


こちらはちょっと熱帯っぽい雰囲気。
200705111431000.jpg
鉢の一部も映っているのは愛嬌ということで。

へたっぴ写真ばかりでスミマセン。
実物はとんでもなくカワイイです。
Kさん、本当にありがとうございました。うっひゃっひゃ♪
宝物ゆえに使わないゴミ袋があります。

P10100100001.jpg これ。
 2002年のフジ・ロック・フェスティバルで
 配布されたゴミ袋です。
 あの年は3日間いました。
 なぜに宝物かというと 



P10100080001.jpg
ガイコツだらけだからです。貰った時はうれしかった。
今もうれしい。
このガイコツ(=髑髏どくろ)は横尾忠則氏の作品。
ガイコツに励まされて「ゴミを拾って拾って拾いまくるど」と思いました。
ところが気合が入りすぎてゴミだけではなく落としものも発見しまくり。
カメラ、お金、財布etcいろんなものを拾って本部へ届け続ける3日間。
最終日トリのレッチリに至っても足元にカメラが落ちてるのを発見。
砂をかぶっていた可哀想なカメラを届けました。

「ガイコツゴミ袋もそのうちアデューになるんだろう」と思っていましたが
この1枚だけは残りました。
というわけで宝物の1枚です。持ち手がヨレているのは愛嬌ということで。

横尾氏の髑髏関連
1.立花ハジメ氏のアルバム「The End」のアナログ限定版のカバーアート。
  http://www.bounce.com/interview/article.php/175/ALL/
  インタビュー後半によると
  「横尾さんに〈『The END』だけにドクロってことでどうでしょう?〉  
   みたいな感じでお願いしたら、これになった(笑)。-後略-」のだそう。
  bounceの「The End」特集ページのトップhttp://www.bounce.com/theend/
  この髑髏。
2.同髑髏Tシャツが横尾忠則氏の公式サイトで販売されています。
 こちらhttp://www.tadanoriyokoo.com/shop/g2/yt011.htm
3.FPMの田中知之氏は横尾氏の髑髏皿に盛り付けられた
  「マグロの赤身をタタキにし、
  シロエビと柚胡椒とタマリ醤油のソースをぶっかけたもの」
  を食しています。
  画像はこちらの中ほど。美味しそう・・・・。
  http://blog.honeyee.com/ttanaka/archives/2006/04/post_71.html 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。